シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米代川、他 10/13 20:00~24:00
米代川 20:00~20:40

久しぶりの米代川。状況は風が強く波立っており、濁りほどほど、ベイトの気配はなし、水温18度。

川下からの強い風の為、シャローは流れがほとんど無い状態。40分ほどやってポイント移動。

ポイントA 20:50~21:30

前からやってみたかったポイント。大型シーバスの通り道と予想しているが、ここも強風の為釣りづらく40分ほどで見切りをつける。雰囲気的にはいい感じがした。

ポイントB 21:50~24:00

こちらもベイトの気配がなかったが、30分ほどして最初のアタリ。「ゴンッ!」といい感じのアタリだったが、フックアップせず。

移動しながらキャストしていると、また同じアタリ。これもフックアップしなかった。

どちらもレンジは水面下10~30cm。レンジが合っていない感じだったので、徐々に下げていく。

しばらくやっても反応がないので、元のレンジに戻してキャストしているとこんどは「コツン!・・・パシャパシャ」と40位のがヒット。難なく寄せるが、足場が高かったので抜き上げかタモか迷っているとばれてしまった。

それからは小さいサイズとおもわれる「コツン!」アタリが何度も出るが、全然乗らない・・・。あわせないメソッドも効果なし。

キャストをやめてしばらく考え込む・・・「シーバスは小さい、食いも浅い。泳ぎの遅い小さなベイトを食っているのか・・・」

そこで考えたのが、CD75のデッドスロー+カーブフォールメソッド。食い気があっても吸い込みが弱いなら、デッドスローで誘い、カーブフォールで吸い込みやすくしてやる。垂直フォールではフォールの瞬間しかバイトチャンスは無いが、カーブフォールさせることでバイトチャンスを少し長く取れる。結局、やってることは超スローのリフト&フォールになってしまったのだが・・・(笑)。

強風で非常にやりにくかったが、答えはすぐに出た。

数投後のカーブフォールで「コツン!」と小さいアタリ、僅かにティップが入っている時に「グイッ」とアワセた。

バシャバシャとエラアライした時は40ちょいと思ったが、足元に来て結構引いた。仕方なく(笑)タモ掛けしてキャッチ。

PA130758.jpg
55cm

PA130761.jpg


フッキングは、メインのフロントフックが外側から掛っており、捕食時の吸い込みが弱いことが予想された。アタリの出方も追い食いのような感じだったので、低活性だがシーバスの数は入っていると状況を判断した。

それなら同パターンで・・・と思ったが、風はさらに強くなり、アタリもそれっきりでなくなり終了時間となってしまった。

2ヒット1キャッチ 55cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/90-385b5886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。