シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の釣果 7/9~11
今週は港湾部でのチョイ投げ。

ストラクチャーではチェイスが何度かあったがノーバイト。そこで気がついたのがシーバスの活性について。

単独、もしくは群れの場合でも、活性が高いものと低いものが同じエリアに存在すると言うこと。

活性が高い場合、ルアーが近づくとすぐに反応するし、接近速度も速く、反応するエリアが広いようだ。

活性が低い場合、目の前をルアーが通過しても完全に無視する。

この高活性、低活性のシーバス(50cm位の同サイズ)が、5mほどの距離にいた。

地形、流れも同じ場所なので、空腹なのか性質の違いなのか・・・。

答えは出ないが今後の為に書いておこう。


今週はルアーを見切られてる感じがしたので、早引き&トゥイッチを試す。

数投で60クラスがチェイス。

それでもまだ見切られてるかんじだったので、ワインドに変更。

ビシビシしゃくっていると70クラスが出た!

・・・がバイトのみでフックアップせず。

久々のデカシーバスの至近バイトで自分の活性が上がった(笑)。

「今日はワインドでしょ」と気合を入れてしゃくるとまたバイト!同クラスがやはりバイトまで、残念ながらフックには乗らなかった。

最近小さいのばかりだったので、バイトだけでもとても楽しかった。

0ヒット0キャッチ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/70-3d217a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。