シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラインシステム2
ファイヤーラインの1.2号(16lb)を入手したので、ラインシステムのテストをしてみた。

ファイヤーラインは初めて使うのだが、触った感じはナイロンラインに近い張りがあり、トラブルは少なそう。ネットで検索をかけると、数回の使用でコーティングが剥がれ、使用感や強力がだいぶ変化するらしいが・・・。

とりあえずビミニツイストで結束強力テスト。巻き数は30回とした。

いきなりオーシャングリップの7kg振り切り!15.4lb以上の結果となった。ほぼ100%の結束強力!すごいラインだ!

もう一度結ぶ。またしても7kg振り切り!

さっそく新品のアルテグラ2500に巻いた。これでラインシステムに不安がなくなった。

摩擦系のSFノットではすべりがよく締め込みやすかったが、5kgほどで結束部のメインラインが切れてしまった。結束がいまいちだったので、もっと強力は出ると思うが、たぶん使わないノットなので参考程度とする。

ようやく来シーズンのラインシステムが決定した。メインラインはファイヤーライン16lb、リーダーは35lb、ビミニツイスト+SIGノット。スナップは漁師結び+ハーフヒッチ2,3回。スナップとの接続は漁師結び単独だと5kg位で抜ける場合があるので、ハーフヒッチで抜け防止をした。

これで新品の状態でのラインシステム強力は6kg以上。目標をクリアーすることができた。

あとは実釣でメインライン、結び目の劣化を試すだけとなった。

4ヶ月後ですが・・・(再自爆)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/40-06d4d83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。