シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラインシステム
ナイロンラインで試したリーダーの先で1kgのドラグ設定(1kgでドラグが少しづつ滑る)、かなり劣化した8lbのライン(実測5lb≒2.2kg)で、実釣時70オーバーのシーバスにメインラインを切られてしまった。

ライン強力が5lb≒2.2kgでドラグが1kg、絶対に切れないと思っていたが、後のテストで同じ1kgのドラグ設定でラインがゆっくり出ている状態(1kg加重)から、急にスピードを上げて引っ張ると、ロッドから出たラインに約2kgの力がかかることが解った。

ここが落とし穴。静加重のドラグ設定は、魚が走った時にラインに掛る力とはまったく異なる数値であること。さらに解ったことは、ドラグをしばらく滑らせない状態からは、滑り出しが少し重くなること( 3  4シーズン目のバイオマスター)。今年最後のシーバスがそれを教えてくれた。



来シーズンからはPEラインを使用するので、切れてから後悔しない様にラインシステムの強度をテストしてみた。

これまで自分が作るラインシステムの強度を測ったことはない。少し前に使っていたPEのラインシステムは、PE1.0号15lbにリーダー20lbをSFノットで接続していた。メインラインの70%10lb位かなーと思っていた。

フックの強度から逆算していくと、フックで最大負荷を3kg≒6.6lb、ラインに掛る負荷は同じく3kg、ドラグ設定は魚の加速を考慮して1/2の1.5kg≒3.3lb、ラインシステムの強度が3kg以上あればよいことになるが、キャスティングによる結び目、メインラインの劣化を考えて、2倍の6kg≒13.2lb以上が目標とするラインシステム強度。



とりあえず手元にあったPE1.0号(15LB 6.8kg)を強度低下が少ないと思われるビミニツイストのダブルラインで強度テストしてみた。

1回目・・・引っ張り強力 3.2kg!!!。ビミニの根元で切れた!

「8LBのナイロン新品以下だな~。」

・・・そんなアホな!

もう一度結ぶ・・・3.2kg。ビミニ根元切れ・・・。

何度結んでもビミニの根元切れで、メインラインの強力50%以下しか出ない。70%位出るのでは・・・と思っていたのだが・・・、結び方が悪いのか?。

・・・・・かなりへこんだ。

PE3.0号だがビミニツイストでメインラインの89%の平均強度というテスト結果を見たことがある。

ヨリの回数を20回から30回に増やしてみた。

4.2kgでビミニの根元切れ、もうちょっと何とかしたい。

その後、何度も結んでみたが3~4kg辺りで切れてしまう。メインラインの45~60%の強度でばらつきが大きい。

今度はヨリを40回にしてみる。

同じく4kg程度。中には2kgというとんでもない数値が1回だけあった。巻き数30回以上はほとんど同じ強力。

そんじゃ~摩擦系でSFノット・・・3kg、4kg、3kg・・・。

50回ほどいろいろ結んでやってみたが、どうやらPEラインに問題がありそう。巻き方というよりもラインの結束後の強度が一定していないような印象だった。2kg~4.2kg・・・結束しない状態での強力は調べなかったが、このラインはもう使わない!

今度は別メーカーのPE1.5号 25lb 10kgTEST。ビミニツイストで7kgの目盛りを振り切った。最初のラインはどうだか解らないがこちらは8本ヨリPE、25LB≒11.3kgとなるはずだが、表示は控えめ。値段も30%ほど高かったような気がする。

こちらは何度か結んでも7kg≒15.4lb以上、SIGノットで35lbのリーダーと結束しても7kg以上の結果となった。

太さ、強力が違うので比較するのもおかいしいのだが、現在の結束レベルでは1.5号が合っているようだ。今後、このラインでダブルラインを使わない結束もテストしてみようと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/38-8f99a562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。