シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男鹿
10/27 21:00~5:00

今シーズンの最終釣行。

5年ほど前、男鹿へ黒鯛釣りで何度か入ったことがあるが、ルアーシーバスでは初めてとなる。事前に監督さんから何箇所かポイントを教えてもらっていたので、それを頼りに男鹿へ向かった。

●ポイント1
シャローにベイトの波紋が所々に広がるが、シーバスの捕食音は小さめのが1回。少しの時間キャストしてみるが、反応もなく釣れなさそうな雰囲気だったので、すぐに移動する。

●ポイント2
ここもベイトっ気はある。時々追われているようだったが、ルアーに反応はない。捕食音は同じ場所で出るが、ルアーが届くギリギリの距離。着水バイトに期待して数回キャスト・・・バイトはなく、捕食音もしなくなる。ポイントを潰してしまったようだ。

●ポイント3
ポイント2のすぐ近くだが、こちらは少し流れがある。ベイトは少なめだったが、すぐにヒット!サイズはともかく、初めてのポイントでの1本は本当に嬉しい。
53cm
53cm

待ち合わせ時間となり、監督さん坂本さんと合流。しばしの談笑後ポイントへ移動した。

●ポイント3
先ほどキャッチしたポイント。さっきまで緩い流れがあったのだが、ほとんど動かなくなっている。しばらくやってノーバイト。

●ポイント4
数投してラインの違和感を感じ始める。その数投後にバックラッシュ・・・ラインにかなりのヨレが入っていたようだ。すっかり忘れていたナイロンラインの弱点1を再認識した。リールのラインローラがスムーズに動かなくなったのもあるが・・・(笑)、PEでは気にならなかったことだ。すぐにシステムを組みなおして再キャスト・・・しかし反応はなかった。

●ポイント5
水深の変化がある場所で、ベイトは少ない。補足音が間隔をあけてある。数は少ないが居ることは居るといった感じ。しばらくしてヒット!・・・25cmのソイだった(^^;)。しばらく粘った後、少し離れてキャストしている監督さんに様子を聞きに行くと、バイトはあるがヒットしないヒットはしたがバラシたとのこと。監督さんもシーバスの雰囲気を感じているようだ。キャストを再開してまもなくショートバイトが1回あったが、シーバスかどうか・・・。居ることは居るが、喰わせられない、しばらくしてこのポイントを諦め移動。

●ポイント2
最初に入った時よりも波が立ち、水面にベイトの気配はない。居なくなったのではなく、レンジが下がったと判断して深めのレンジを探る。しばらく反応がなかったが、終了間際にようやくヒット!初めてドラグが鳴る。タックルが連動してシーバスの走りをスムーズに吸収し、サイズの割りには走られない。フックオフがいやだったので、さっさとランディング体制に入る。タモを片手に持ち、伸ばそうとした時に一気に走った。ラインが張り詰めた瞬間、もう一段の突っ込み、ドラグがジーと鳴ったがブチッとラインが切れた。

ここでナイロンラインの弱点2、長期間の使用による劣化とPEに直線強力で劣ることを思い知らされる。タックル全体のバランスをもう一度よく考える必要が出てきた。

明るくなりはじめた5:00ストップフィッシング。ちょっと休憩を挟んで8時間、少し疲れたが楽しい釣行だった。

2ヒット1キャッチ 53cm
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした
ホントに良い時合いは30分(笑)。
でもね、その時合い終了後に残る居付き化したシーバスは結構居ると思ってるんですが、攻略が難しいですね。いわゆる港湾攻略ですから。
回遊待ちよりずっと狙って釣ったという感覚が好きですよ。
ロッドも7フィート位でぶち抜きロッドが必要な場面も多々有ると改めて認識しました。
来シーズンお世話になります!
目指せメーター!って・・・言っちゃった(笑)。
2006/10/30(月) 20:50:59 | URL | 監督 #kHZ6axYo[ 編集]
良い時合い
30分ですか・・・短いですね~。
港湾部に外から入ってくる群れが湾内に居るベイトを捕食するタイミングなんでしょうかね。

港湾部のシーバスは、回遊系と待ち伏せ系がいると思っているんですが、回遊系は運河や川と攻略法は同じだと思っています。流れが緩い分ポイントは絞りづらいですが・・・。待ち伏せ系は地形に大きく影響されるので、夜の場合、情報がないと難しいですよね~。

メーター・・・キャッチしてみたいですね。来シーズンは大物狙いが多くなりそうです。川がメインかな・・・。こちらこそお願いします・・・お世話してください(笑)。
2006/11/02(木) 13:51:45 | URL | バーブレス #zx9St01o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/36-957ef7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。