シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フックセット2
監督さんのブログで、一部メーカーのロッドの限界ドラグ設定を知ることができた。思ったよりロッドの限界は高い、ラインの限界がタックルの限界になる可能性が高くなった。

現在使用しているラインは、有名メーカーの8lbライン。スパイダーヒッチでダブルラインにして、オフショアスベイルノットでスナップに接続している。

2ヶ月前に巻いたものでキャスト時間は20時間ほど、システム強度は2.5kg、すべて結び目ではなくメインラインで切れる。思ったより強度が出ていないが、常に投げて巻いてを繰り返すので劣化が激しいと思われる。測定方法もジワリジワリと引くのではなく、シーバスの突っ込みを想定して、一気に引ききるので低くめの数値になっていると思う。(ゆっくり引くと2.8kgまで粘った)

そろそろ交換とは思うが、今シーズンはあと1回の釣行で終わり。巻き直すのは来シーズンにする(笑)

先日のダンボール実験(仮実験)で、2本のフックを刺しきるまでは2kgの力が必要なことは解った。ドラグ設定を同じ数値にしてドラグが滑るまでアワセれば、フックセットはほぼ完璧に行うことができる計算だ。

その他に考えなければならないもの、リールは余裕でOK。スナップ、スベイルも強度に十分な余裕がある。フックは・・・伸びたり折れたりという記事がWEB上にたくさん見つかる。メーカー、番手、さびの具合(笑)、刺さる深さ、位置、角度によって様々なバリエーションが考えられるが、後でふところに加重をかけて実験してみようと思う。カルティバのST-46#4だとふところ2kgは余裕のような気がするが・・・。

それに加えて、自分自身の問題・・・1kgの重りをぶら下げて揺らしてみると、ラインが切れるんじゃないか、ロッドが折れるんじゃないかと今でも思う。頭では大丈夫と解っていても、視覚や感覚が限界近いと感じてしまう。

ドラグ2kg大丈夫か→自分。

とりあえず今シーズンは1kgにしておくか・・・(笑)

まあ0.4kg位のドラグ設定で、真剣にやってた人間ですからね。だいぶ精神的な鍛錬が必要です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/35-0090afbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。