シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/17 19:30~24:00
水温11度、濁り有り、ベイトほとんど居ない。

かなりの量の雨が降り、濁りが入って水温が大幅に低下した。

魚の気配がほとんどしなかったので、1時間半限定でキャスト開始。

全く居なくなった訳ではないと思うが、先週に比べて7度の水温低下ではシーバスは簡単に口を使わないはず。

超大型の1発に期待したが、反応無く移動。



次のポイントはあまり水温低下が無いエリア、ベイトもちらほら居る様子。

1投目、ショートキャストで狙いのポイントを通すと1発で喰ってきた。

久しぶりの至近距離の反転バイト、『喰え!』と思ったポイントでのひったくりバイトは、ダイレクトに感覚が伝わってメチャクチャ楽しい。

タモ入れが必要なポイントだったので、弱らせてからキャッチ。

PA172173-320.jpg
64cm

結構引いたのでもう少し大きいかと思ったが、少し太った元気なシーバスだった。

その後も近距離のキャストを繰り返し大物を探したが、50半ばをバラシ、60半ばをタモ入れ失敗。

そしてようやく取れたのがこれ。

PA172175-320.jpg
67cm

70cmは楽勝いったと思っていたが、意外に小さかった。

コンスタントにバイトがあり、引きも結構強いので秋の釣りを十分に楽しむ事が出来た。

4ヒット2キャッチ 67,64cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/285-94886d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。