シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/26 20:00~24:00
水温18度、濃い濁り、ベイト少々。

相変わらずの濁りが入っていて、ベイトの気配もほとんど無く、捕食音もしない静かな夜。

やってみなければ解らないのが釣りだが、厳しい展開が予想された。

そろそろシーバスの個体数が激減して、ノーバイトか1バイトが普通になってくる時期なので、例年通りと言えるかも知れない。

ただ、大型が期待できる時期でもあるので、1バイト、1ヒットを大事しながら終盤戦を楽しみたい。


やはり無反応の時間が長く続き、夏の大三角や流れ星を2つみつけたりしながらキャスト、釣り以外で秋の夜を楽しむ(笑)。


3時間無反応の時間が過ぎた頃、中型シーバスの捕食音がし始める。

かなり間隔が開くので、数は少ないが居ることは居るし、動きはじめている。

後は運次第なので、ほとんど可能性が無いであろう1バイトに期待してリトリーブに集中する。



さらに大型シーバスっぽい捕食音があるエリアで出始める。

吸い込みは弱いようだが、音の響きからして大型のシーバス。

吸い込みが弱いと言う事はベイトが小さいか、弱っているということ。

ルアーを近くに送り込み、ゆっくりゆっくり引いてくる。

残り30分となった所で待望のバイト、『ドゥン・・・』







乗らなかった(涙)。

大型シーバスの吸い込んでから首を一回横に振った感触、最高のバイトだったはずだがフックが何処にも掛らなかった。

引き込みのストロークからいって大型には間違いなかったが、乗らないものは仕方が無い。

再度のバイトを狙ってキャスト再開。


時間も終了時間がせまり、あと3回キャストしてから帰ろうかと考えていた時に再度のバイト。

今度はしっかり乗ったので、大アワセをしてからテンション張って3回追いアワセ(笑)。

『浅いバイトかも・・・』と一瞬頭をよぎったが、バラシても良いから自分のスタイルでファイトすることにした。

とにかく頭をこちら側に向けてゴリ巻き、いつもの岸際の攻防にまでは持ち込めたが、強いシーバスで走り出したら止まらない。

2回ほど長い距離を走られたが、岸際でエラアライした瞬間に勝負に出る。

出した頭をブチ倒すように強引に引いて、スプールを押さえてそのまま下がる。

ズリ上げも成功して、貴重な1尾をキャッチ出来た。

P1012146-320.jpg
88cm

太いシーバスで、ファイトと魚体の迫力は今年1番の最高のシーバスだった。

この一尾に大満足して今回は終了にした。

1ヒット1キャッチ 88cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/282-90d67ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。