シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/25 20:00~24:00
先週よりも少しだけ濁りが入ったが、無風の静かな夜。ベイトもさらに減って厳しい予感。

暗くなるまでの少しの時間、前回の『シーバスうようよシャロー』をトップで軽く一流し。

完全に暗くなってから少し沈めて再度攻めようと思っていたのだが、他のアングラー(ここからAさんと呼ぶ)がキャストしながら近づいてきたので戻れず・・・。

距離を保つ為、押し出されるようにこちらも移動しながらキャストしていく。

暗くなってしばらくして『シーバスうようよシャロー』周辺で捕食音が出始め、Aさんがドンピシャのタイミングでポイントに入る。

気になったので様子を伺っていると、ベストポイントにAさんのルアーが着水。

『解ってるな~。』と感心していると、ヒットした様子。

残念ながらバラシたようだが、Aさんはかなりの腕前と見た。

そのポイントはAさんに譲り、他のポイントを攻めていく。

すると前回キャッチしたストラクチャーポイントで今週もヒット!

サイズも同じくらいの60半ば、なかなか弱らないしぶといシーバスだったが、最後のランディング体制に。

もう少しで浅瀬にズリ上げというところで再度の突っ込み、ここで残念ながらフックオフ・・・。



今日はいつもより時間が短いので、気を取り直してすぐにキャスト再開。

あまり期待していないエリアで『コンッ』と軽いバイトからルアーが止まる。グイッとアワセを入れるとかなりのサイズがエラアライ。

強気に寄せようとしたがトルクがありすぎて全く巻けず、ラインがどんどん出て行く。

ロッドの角度とラインテンションの維持に集中するだけで、何も出来ないでいると『フッ・・・』とテンションが無くなりフックオフ。

思わず 『マジかよ~!!!』 と夜も遅いのに大声を上げてしまった(笑)。

かなりの動揺を引きずりながら再度キャストを開始して5投目でまたヒット!

先ほどよりは全然軽いが、なかなかのファイト。

手こずりながら何とかバレずにキャッチ。

P1010004-320.jpg
75cm

その前のバラシの印象が強烈すぎ、グッドサイズのキャッチにも拘わらず、あまり感動は無かった(笑)。

同じエリアで2度も大型シーバスのバイトがあったので、そのエリアにかなりの数のシーバスが溜まっているのではないかと予想。

少し休ませてから再度、同ポイントを攻める。

思惑通り、同エリアで70~80位のヒット連発!

『ゴンッ・・・ボシャボシャ、ジィ~~~~~~~~~、ボシャボシャ、ジィィ~~~~~~~~~、フッ。 』

『コツン・・・ボシャボシャ、ジッ、ジィィィィ~~~~~~~~、フッ。』

『ガンッ!ボシャボシャ、ジィィ~、ジィィ~、ジィィ~、フッ。』

大型の3連バラシに、大粒の涙が止まりませんでした(嘘)。

ここで時間を確認すると、早く帰るはずが1時間も予定を過ぎており、慌てて撤収して終了。

バラシもたくさんあったが、悔しさよりも楽しくて楽しくてしょうがない、夢のような時間を過ごすことが出来た。

なぜそのエリアに大型シーバスが溜まっていたかは全く想像付かないが、数十尾の大型シーバスの群れが留まっていたに違いない。

本当に運が良かった。

6ヒット1キャッチ 75cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/268-17cd597e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。