シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/20 19:30~23:30
水温18度、濁り無し、ベイト数は減った。

2日前に雨が降ったが、あまり変化の見られない水質、1バイトを目標に釣りスタート。



いつものように日暮れ前はサブ会場でベイト状況や水質を確認しながらキャスト。

移動しながら打っていくと数メーター離れた所で大型の魚が逃げていく。

シーバスかボラか解らなかったが日暮れ前+クリアーな水質+膝上の水深なので、大型のボラに決め付けて無視することに。

ルアーに反応は無いが、その後も何度か大型の魚が私の気配に気づいて逃げていく。

暗くなってきた所で股下まで入水して広範囲に攻めていると、背中で大型シーバスの捕食!

どうやらさっきから逃げているのは大型のシーバスのようだった・・・、数はある程度入っていてシャローをうろついているので活性も悪くない。

ゆっくりと上陸し、慎重にシャローを攻めたが反応出ず。

一旦このポイントを休ませてメイン会場へ移動。



途中ストラクチャーを一箇所だけ叩いたら運よくヒット!

スピード感のあるファイトを楽しみながら素早くキャッチ。

P6202052-320.jpg
66cm

やはり素早いキャッチをすると魚も元気、グリップを外すと勢いよく泳いで行った。

数投してからメイン会場に移動。



期待していたメイン会場だったが、2時間ほどキャストして全く反応無し。



休ませておいたサブ会場へ戻り、岸からショートキャストでシャローを打っていくが反応無し。

股下まで入水して今度はロングキャストで広範囲に探る。

しばらくしてヒット!先ほどのシーバスより少し大きくて70cm位、しっかり合わせも入ったが、3回目のエラアライで残念ながらフックオフ。

移動しながら打っていくと、足元の障害物につまずく。

よろめいている所で再度のバイト!

本当にひっくり返りそうだったので(笑)体制を立て直すのを優先し、合わせを入れられず・・・。

この時、135mmのルアーを投げていたが、口の中に入りきれていないのかもしれないと考えて100mmにサイズダウン。

終了時間も近くなってきたところでヒット!

『ボシャボシャ』と大迫力のエラアライ、月明かりで見えた大きな頭からするとおそらくランカーサイズ。

一気に走ったところで3度目のフックオフ。

#6のフロントフックが伸ばされていた。

おそらく掛り所が悪かったのだと思うが、自分のファイトスタイルなのでこれは仕方ない。

ここで終了時間、3バラシは残念だったが悪条件の中でも反応が多くて楽しめた。


シーバスもある程度定位し始め、付き場が春から初夏へ変化したことが感じられた。

今後の釣行にとても有益な、中身の濃い釣行となった。

4ヒット1キャッチ 66cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/267-1620d1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。