シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/13 19:00~23:30
水温18度、濁り無し。

水温がさらに上昇し、一気にシーズンインした様子、引き続きベイトも豊富で期待が高まる。

先週同様、日暮れまではサブ会場で様子見、シーバスの捕食らしい波紋もたまに出ていたが無反応。


日暮れと同時にメイン会場へ移動、無風、明るい月明かり、晴天の星空。

静けさの中、ゆったりとした時間を楽しむ(笑)。


見た目は釣れそうな雰囲気は全く無いが、この時期のシーバスは悪条件の中でも喰ってくるので油断は禁物。

手を替え、品を替えてアプローチを繰り返す。

先週の水面爆発ポイントも無反応で通過し、若干諦めムードの中、先週・今週とシーバスの捕食音が出るスポットへ・・・。

水面に変化は見られないが、なぜかそこに捕食が集中する場所、ゆっくりとそのスポット上を通したが、やはり反応が無い・・・。

スポットからルアーが離れて油断しているところに『ゴッ』と待望のバイト!

ボシャボシャとエラアライした後、素直に寄ってきた。

簡単にリーリング出来るがかなりの重量感、10mまで寄った所で本気で走り始める。

今シーズンはユルユルドラグでのファイトがテーマなので、走りたい時は最低限のテンションを保ってラインを出していく。

・・・が、止まらない。

90アップが頭をよぎる中、長時間のファイトの後ようやくキャッチ。

ライトで照らすとデカイ!
P6132045-320.jpg

・・・が短い(笑)。

シーバスに気を使ってフラッシュ無しで撮影したが、ほとんどピンボケか手振れでなかなかうまく撮れなかった。

仕方ないので光を目に入れない様に上側からストロボ撮影、ようやく全身を撮ることが出来た。

P6132048-320.jpg
72cm

全長の割りに重量、体高、幅がすばらしい魚体だったが、90が頭をよぎった自分って・・・(笑)。

その後、リリースをしようとしたが体力を消耗しすぎて、泳げずにひっくり返ってしまう。

エラに水をとおして長時間の蘇生を行い、なんとか泳いでいったが長時間のファイトは予想以上にリスクを伴う。

生き伸びてくれれば良いが・・・。

その以後は反応を得られず終了時間となった。


これまでの釣りでは、今回のようにリリース時にひっくり返って泳げ無い状態になるシーバスは居なかった。

すばらしいファイトをしてくれたシーバスなので、弱い固体であった訳ではない。

このような状態になるのなら、フックを伸ばされたり、大暴れしてバラシたとしても、これまでのファイトスタイルをしていこうと思う。

今シーズン初の70アップをキャッチしたが、後味の悪い釣行となってしまった。

1ヒット1キャッチ 72cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/266-f8ce16c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。