シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/25 19:00~23:00
最近は降水量も少なく、条件が厳しい中、朝から少し雨が降ったので、状況の変化を期待しての釣行。

水辺に立ってみると、絶望的な状況。水質に限って言えば、雨の影響は全く無かった。

それでも雨による酸素量の増加や、目に見えない水量の変化があることに期待してキャスト。








2時間無反応。

ポイントを移動しながらシーバスを探す。

そんな中、あるポイントで捕食音が出始める。

捕食音は活性の高い大型~中型のもの、ストラクチャー際だったがギリギリ届くかどうかのポイント。

暗闇で着水ポイントが読みにくいが、出来る限りタイトにルアーを入れていく。

1時間ほどやってみたが、バイトが出ないのでこのポイントをあきらめる。

残り1時間、実績のあるポイントを打っていくが無反応。

そろそろ終わりの時間になった頃、『コンッ』とルアーに触る感触。

『シーバスだ!』と直感、すかさずフォローで同じラインを流す。

さっきよりもリーリングスピードを落として、食わせやすくしてやるとヒット!

鋭い突っ込みを何度も繰り返して、超楽しいファイト。

元気なシーバスをキャッチ!

P9252029-320.jpg
75cm

テールフックのみが口の中に入っていて、あまり食い気が無いのになんとなく食いついたようだった(笑)。

さらにフォローで5投して終了とした。

今回は釣れないとあきらめていたが、良いサイズを1本キャッチ出来て本当に運が良かった。

雨で活性はわずかに上がったが、クリアーな水質の為、ストラクチャーにタイトに張り付いて回遊はほとんどしていなかったと思われる。

釣れたシーバスは、小さい群れが移動する途中に、たまたまルアーが前を通っただけのような気がする。

先にルアーに触ったシーバスがチェイス、バイトすることによって競争が起き、闘争心に火が付いた群れの1尾が釣れたシーバスだったと思う。

まあ理屈はどうあれ、とにかく釣れて良かった(笑)。

1ヒット1キャッチ 75cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/251-92eb6b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。