シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
港湾部 7/30 18:00~21:00
大雨警報と洪水注意報が出ていたので米代川はあきらめ、港湾部に明るいうちから入った。

海も濁りが入り、良さそうな感じがしたが暗くなるまでは反応なし。

水温の低下と塩分濃度の変化で活性が落ちていると思っていたので、あまり気負わず移動しながらキャストしていく。

サヨリがちらほら見えたが浮いてくるシーバスは少ないだろうと判断し、深いレンジを攻めていると予想外の着水バイト!

50クラスで即バレしてしまったが、レンジと活性が解ったので表層をスローで攻めていく。

すっかり暗くなった頃、小さなシーバスの捕食音が出始める。群れの様で連続で捕食することもあった。

アタリも出るようになったがサイズが30~40cm位でバイトも浅く全然乗らない。

それでも予想したポイントで食ってくれるので、これはこれで楽しい(笑)。

そんな遊びをしながら大きいサイズが付くピンスポに到着、距離を7m取り12mキャスト。

吸い込みが弱いと思われたのでルアーはCD75、ゆっくりと水面下5cmをノーアクションで引いて来る。

10m・9・8・7(居ないか?)・・・6・『コツン』・・・『バシャバシャ!』。

まあまあサイズがヒット、スプールを抑えて泳がせながらポイントから離していく。

数度の突っ込みの後、ネットを伸ばしたところでフックオフ。

ばれてしまったがイメージ通りのヒットに大満足する。

しばらく他を攻めて乗らないセイゴと遊び、再度ピンスポへ・・・。

今度はサイズに合わせて120mmのミノーをキャスト。

10m・9・8・7『コツン』・・・『バシャバシャ!』。

またも思い通りのヒット、先ほどよりサイズが小さいので難なくキャッチ。

P7301791-320.jpg
55cm

思った通りの外掛りで、センターとリアフックがフッキングしていた。

しばらく同ポイントを攻めてみたが、その後は反応なく終了時間となった。

今回の釣行は条件的にあまり期待していなかったのだが、久しぶりにテクニカルなゲームを楽しむ事が出来た。

イメージ通りの釣りができると、サイズに関係なくめちゃくちゃ楽しいです。

3ヒット1キャッチ 55cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/206-d3455da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。