シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米代川  7/16 19:30~24:00
梅雨らしく数日続いた雨で水位も上がり、濁りも入った米代川。珍しく夜に濃い霧が掛かり幻想的な雰囲気の中の釣りとなった。

いつもより水位が高く川幅が広がっているので、慎重にウェーディングを開始する。

普段陸地となっている浅瀬の流れの緩やかな部分には小魚が波紋を広げていて、シーバスの捕食ポイントがいつもと違っていることが予想された。

風も無く静かな川を霧が流れ、のんびりとしたキャストとリトリーブを繰り返してリラックスモード。

釣りはしているが、なんとなく他の事を考えながらピックアップに向けてルアーが水面に出てきた瞬間・・・

『ボワシャーーー!!!』

聞いたことが無いくらい大きな水面爆発が目の前で起こった。

完全に油断していたので頭パニック状態、でも港湾部でピックアップ間際のバイトは何度も経験しているので、体が反応してアワセを入れる(エライ俺!)。

大アワセを入れてもシーバスは即座に反転してドラグを引き出していく、この時点でサイズが良い事がわかったがまだ頭はパニクっている(笑)。

大暴れされる前に逆転するスプールを押さえフックアップを完全なものとする(エライ俺!)。

下がりながら躊躇無くシーバスを寄せ、浅瀬に追い込み短時間でキャッチする(エライ俺!)。

オーシャングリップで掴んですぐにルアーを外し、シーバスを水中に戻す。

ここでようやく落ち着きを取り戻し、一目でランカーと解るシーバスをキャッチしたことを理解する。

P7161776-320.jpg
87cm 5.0kg ※ちょっとスケールずれてますが実測87cmでした。

冷静に振り返ると、頭が予想外のトップバイトでパニクリながらも一連の動作は完璧にこなしていた。

まずはピックアップが近くなったらロッドを立てて早めにルアーを水面に出し、最後のバイトチャンスを作ったこと。

ピックアップまでルアーを泳がせると、せっかく追ってきたシーバスにバイトチャンスが無いままアングラー近づきすぎるので、その存在に気づかれ反転されてしまう。

至近距離(といっても4m位離れたてましたが・・・)のバイトにもしっかりとアワセを入れられたこと。

ドラグが滑っている間は追いアワセを入れず、スプールを抑えて深くフッキングさせたこと。

ファイト中はシーバスのサイズに関係なく、自分のセッティングを信じて素早く寄せたこと。

そんな自分を褒めてあげたい!(笑)

さらに追加のシーバスを狙ったが、いつものように反応はこれっきりで終了時間となった。

今回の米代川は、流れが強くなる場所では立ってられないほどの水流があり危険を感じた。

知っているポイントでも増水時は慎重に行動しなければならない。

1ヒット1キャッチ 87cm 5.0kg
コメント
この記事へのコメント
ランカーゲットおめでとうございます!

私達も行ってみましたが、とても穏やかなキレイな川になってました…(爆)

バーブレスさんがおっしゃる通り、ピックアップ寸前で反転されました(笑)

以後、気を付けます!
2010/07/20(火) 12:30:34 | URL | ミッキー #-[ 編集]
>ミッキーさん
ありがとうございます。
米代川まで来てましたか~、遠い所お疲れ様でした。
毎回意識していると他のことを考えていても出来る様になります。ちょっとした事ですが、今回は役に立ちました。
2010/07/20(火) 17:18:56 | URL | バーブレス #zx9St01o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/203-967d5c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。