シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーバス用ロッド
シーバスも前半のトップシーズンですが、釣りに行けないのでロッドについて最近思うところを少し書きます。

思いつきで書いてるので話があちこち飛んでます(笑)。


シーバス用のロッドで最初に使ったのはダイコーのデスペラード862LS。このロッドはスローテーパーでバイトをはじきにくいというコンセプトが気に入って購入した。

バイトをはじかないのは実感できなかったが、胴調子で柔らかめのロッドは少ない力で曲がってくれるので、7~8割程度の力でコンスタントに飛距離を稼ぐことが出来た。

4~6時間の連続キャストが普通のシーバスゲームでは、楽にキャストできることが大きな利点となった。

次に買ったのがダイワのモアザンMT90L(中古)。このロッドは軽量で細身、柔らかいティップからしっかりしたバットまでスムーズ曲がりこむ。さらにSVFコンパイルXグラファイトは高感度でたくさんの情報を手元に伝えてくれた。

軽いキャストからフルキャストまで対応でき、フッコクラスからランカークラスまでファイト中は適度に曲がり込むお気に入りのロッドだった。

不注意からティップ側の#1を破損していまい、保証書が無かったので2万円の部品代をケッチってランクが一つ下のラブラックスの810L-PEを買った。

PE用の設計なのでどんなにジャークしても絡みは全く無い。ワインドで連続ジャークをすることが多かったのでその点は助かったが、モアザンに比べてブランクが良くない。

価格が違うので当然なのだがブランクはSVFではなくHVFなのだろう(←未確認)。ブランクの張りや感度がいまひとつで、リーリング中やバイト時、ファイトの中の情報伝達が少ない。

キャストに関しては全く問題なく、パワーがLなので楽にキャストできる。

(ここから本題、長文注意!)
 ((続き・・・)) 
今シーズン釣りをしている中で、今まで使ってきたロッドよりもう少しパワーのあるロッドが欲しいと思うようになった。

それは今でのロッドでは取れなかったシーバスを取るため。

バイト→アワセ→ファイトの中でどうしても現在使っているロッドでは深くフックアップできない状況が結構ある。

アワセの方法としてはリーリング中ラインから30~45度開いた状態のロッドを大きく後に引き、同時に高速でリーリングする方法を取っている。

これはアワセでなるべく深くフックを刺し、リーリングすることでテンションの低下を防ぐためだ。ロッドの曲がりを考慮してラインとロッドの角度はあまり付けないようにしている。

入門書などに書かれている『リーリング中はラインとロッドの角度を90度にして・・・』は間違い、アワセやファイトでテンションが掛った状態で90度にならなければならない。

この方法は40cm以下のサイズが小さい場合、アワセと同時にシーバスの頭がこちら側に向いて泳いでしまうので深くフックを刺すためのテンション(1.2~1.5kg位)が得られない。足元までグリグリ寄せてエラアライでばれてしまうケースが多い。

フッコクラスになると下からの反転食いの場合はアワセでテンションが得られることが多いが、追い食い等でアワセで刺しきれなかった場合はエラアライやリーリング中外れたりする。

元気で抵抗が激しい場合は問題ないのだが、コンディションが良くない場合は足元まで寄せてきてエラアライや突っ込みでばれてしまうことがある。

スズキサイズはほとんどが最初の抵抗でテンションが掛るのだが、ランカークラスでもシャローで追い食いの場合はすぐにテンションが掛らず、エラアライ1発でバラシというケースもある。

セイゴクラスは別にしてフッコ以上は確実にフックアップしたい。PE限定の話だがその時に邪魔になるのがロッドの曲がり。

シーバスのバイトの角度は様々だが後方からが多く、大きく分けると3パターン

①バイト後反転して潜る (テンション大)
②その場でブレーキを掛けてCの字になったり、水中エラアライをする (テンション中)
③違和感を感じて首を振りながらもこちら向きに泳ぐ (テンション小)

特に③の場合、巻き合わせ系のアワセでは完全にテンションが抜けることは無いものの、深くフックを刺すのは魚の抵抗まかせとなる。

曲がりやすいロッドではじんわりかつスムーズにテンションが掛るので魚に反転する機会を与えにくく、頭がアングラー側を向いてしまって追い合わせでも十分なテンションが得られない。

さらに全てのパターンで言える事が、胴調子のロッドはバットまで曲げるのに時間が掛りすぎること。0.1秒でも早くフックを刺すことが重要なので、アワセ切れを無視すればロッドはファーストテーパーで硬いほど良い。

ロッドが硬くなることによるマイナス要因は

①ロッドの曲がりが減りキャストに負担が掛る、もしくは飛距離低下
②曲がり量が少ないのでファイト中のテンションの変化が大きくなる

①は結構つらいかも知れないが、②はツインパワー以上のリールを使うことによって大幅に改善する。

ロッドメーカーでさえよく言う『柔らかいティップで食い込みが良い(どうのこうの)・・・』は関係ないです。

シーバスがルアーを吸い込むときにティップが柔らかいから深く吸い込まれるとか、ティップが硬いからバイトをはじくとかは全くウソ!。(←言い切って良いのか?笑)

シーバスがルアーを吸い込むときは後方又は下方からルアー以上のスピード突進し、直前で吸い込む。

バイト直前のルアーとアングラーの距離を考えると、シーバスは少なからずアングラー方向に移動しながら吸い込んでいる訳です。

(7/21一部訂正)
水中、空気中のラインには抵抗が掛っており、ルアーがリーリングによって引かれているのを考慮しても、シーバスの捕食時に掛る抵抗はライン部で吸収されてしまいます。シーバスが反転やブレーキを掛けた時に初めてティップが曲がり、アングラーにバイトが伝わります。

(7/23追記)
この点ついては榎本氏のシーバスライブで詳しく説明されています。トップ→ANALYSES独断の水中映像分析→Part 1 バイトメカニズム参照。

要するに捕食行動開始からバイト完了までに関してロッド性能は関係ないということです。

重要なのはその後でシーバスの動きとアングラーのアワセ方により様々な現象が起きます。

シーバスの動きを無視すると柔らかい同調子のロッドは魚が十分に反転した後にアワセのタイミングになりやすいが、初期フッキングに十分なテンションが得られにくい。ただし追従性が良くフックが抜けにくいのでファイト中にジワリジワリとフックが刺さっていく。テンションが一定で魚が暴れないのもバラシを減らす要因となる。

アングラーはのんびりやっていても大丈夫なお気楽ロッド。

硬い先調子のロッドは魚がどんな動きをしようと、0.1秒でも早くフックを深く刺してしまって魚が暴れてもフックの保持力でばらさないようにする。

とにかくフッキングの速さと強引なファイトが必要なので、アングラーは常に集中力を保っていなくてはいけない。ブランクの感度のよさも重要となる。



・・・で、今欲しいのが長さが90~96、滑らかなファストテーパー、パワーはミディアム~ミディアムハードクラスで、細身軽量。コルクグリップで超高弾性カーボンを使用した超高感度設計、ティップ側が軽いロッド。

ラインと45度の角度でロッドを保持している状態から90度まで引いたときに1.5kgのラインテンションが掛けられるのが理想。

曲がりは金属的な張りがありながら極端なパワーポイントが無い素直な曲がりで、80cmクラスでも2/3までしか曲がらないファースト~エキストラファースト設計。

こんなの本気で作ろうと思ったら鮎竿みたいな値段になりそうですね~。

たぶん売れないだろうし・・・(笑)。

まだ探してないですがエギングロッドなんかに近いのが有りそうな感じがしてます。

まあ~資金がないので買えないんですがね(笑)。
コメント
この記事へのコメント
久しぶりですねぇ~(゜Д゜) 
更新を待ちに待ってましたよ!
 
すごい為になるロッドに対する知識ありがとーございます!
 
オイラが最高記録を叩きだした95㌢はホームセンターのリール、ライン込みで五千円の安物でしたよ(*´∀`)ノ
 
今はダイワのラテオ買いました!安いんですが五千円のに比べてかなり使いやすいッス(・∀・)
2009/07/20(月) 21:51:26 | URL | 1楽 #-[ 編集]
1楽さん>
お待たせしてすいません、釣りに行って無いのでネタが・・・。シーバスってどうやって釣るんでしたっけ?(笑)。

5千円のセットで95cmですか・・・、凄すぎです(笑)。

私もシマノのバスライズ2本持ってますが、このクラスでも釣るのに不自由ないです。

でも上のクラスを持ってしまうとその軽さ、反発力、感度、キャスト後の復元力、等々・・・、その違いを感じてしまいます。

ロッドに関してはアングラーの好みもあるので高いもの=良い物とは限りませんけどね~。
2009/07/21(火) 08:24:02 | URL | バーブレス #zx9St01o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/181-2d68f704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。