シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョイ投げ 8/27~29
日に日にベイトの種類、数共に増えてきて餌場状態、ようやくシーバスの群れが入りました。

お気に入りのシャローでチェイスを確認、パターンを探る為早い動きから試す。

ワインド・・・チェイスはあるがバイトしない。横方向の早い動きには付いていけない感じ。

プラグでのダート・・・ラパラのX-RAPで左右のダート+食わせの間を入れてみると簡単にバイト。でも即バレx2。

ディープダイバーの早引き・・・これがハマリパターン。数投ごとにチェイスがある。60UPをヒットさせたがネットイン直前でフックオフ・・・尻尾は入ってましたが(笑)。この時、高速巻きでチェイスさせてスローに速度変化+上昇させて食わせたんですが、こちらが思った通りにシーバスに食わせられたので、最高に楽しかった。

バイブの早巻き、スロー巻き・・・反応薄い。プラグの強めのウォブンロールにだけ高反応を示した。

どうやら速度で追い詰めて捕食しているようだ。メインベイトはサヨリではなくイワシか・・・。



回遊しているシーバスやチェイスしてくるシーバスを観察していると、体色が違うことに気がついた。

中層を回遊しているシーバスは色が薄く、底にステイしていてルアーに反応した時だけ瞬間的に動くシーバスは真っ黒だった。※砂底にステイしているシーバスは薄い色をしています。

良く背中が黒いシーバスは居つきで、薄いものは回遊だとする記事を見かけるが、中層~上層を泳ぎまわっているシーバスは色が薄く、底にじっとしているシーバスは周りに海草、岩などの黒っぽい色に合わせて黒っぽい色をしている。岸壁の壁際に付いているシーバスも色が真っ黒で、イガイの色に合わせていると思われます。

色の違いは回遊と居つきとの違いではなく、定位している周りの色に合わせているということが言えると思います。

1ヒット0キャッチ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/131-0c133e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。