シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LABRAX 810L-PE
メインロッドのウェーディングマスターを不注意で3番ガイド付近から折ってしまい、サブロッドのデスペラードをしばらく使っていた。

デスペラードもキャスト時のライン絡みで2番ガイドが折れてしまい、いよいよ使えるロッドが無くなってしまった。

急遽ニューロッドを購入しなければならなくなったが、予算が少ない・・・(笑)。

ブランジーノが欲しかったのだが予算的に無理。

ウェーディングマスターのトップ側を部品で購入すると¥19,100、モアザンだとネットで3万円台後半、下のクラスのラブラックスだと2万円台後半。

スペックを見ているうちにPEライン専用ロッドが目に留まる。

デイゲームではジャーク、トゥイッチを良く使うので、ラインのガイド絡みに悩ませされていた。

これだったら良さそうと言う事でLABRAX 810L-PEを購入した。


ロッドの自重が130gなので持った感じは軽いが、ガイドが重いのかウェーディングマスターのような軽快感はない。

調子は柔らかめで1/3までは特に柔らかい。そこからパワー感は少しずつ増すが、反発力はそう強くはない。

かなり軽くキャストしてもしっかり曲がりこみ、ルアーの飛距離がある程度出るので長時間の釣りには良いかも。

ただし、川での使用ではリーリング中に曲がりが大きいので個人的にはあまり好きではない。

ジャーキングではガイドへの絡みがまったく無く、その点ではPE専用ロッドの良さが出ているし、1/3辺りに少しパワーポイントがあるので、そこをうまく使うとハードジャークもスムーズに出来る。

感度に関しては・・・残念ながらあまり良くない。ルアーの動きや流れの変化、バイトの感触などは敏感に伝わってこない。

対ランカーを考えるとバットの反発力がもう少し欲しい。目一杯曲げ込んだ時に反発力が弱いとシーバスの走りが止まった時に一瞬戻りが遅くなってしまう。その一瞬の間が方向転換や首振りの機会を与えてしまい、フックオフの可能性が高まる。※ラインテンション1~1.5kgの話ですが・・・。

走りが止まった瞬間からロッドの反発で魚を引っ張る=曲げられた力に比例して強く反発力が出るロッドの方が個人的に好きだ。

ランカー掛けてないので本当の良し悪しは解りませんが・・・。

将来的にはサブロッドかな~(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/128-95318556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。