シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にナイトゲーム
8/18 18:00~2:00

暑かったので久々に夕マズメの川に入る。前日に降った雨で濁りが入り、小さいがベイトが結構いる。いい感じに見えたがノーバイト。捕食音も1度あったのみで、早々に見切りをつける。

港湾部の街灯周りにポイント移動すると、いきなりバコッと捕食音。すかさずキャストするも反応なし。サヨリも少ないので移動。

次の街灯周りにはサヨリちらほらで、明暗部にはシーバスが・・・いるいる50~60クラスが5本、70クラスが2本ステイしている。

端っこのシーバスから1本ずつアプローチするか、全部のシーバスにアプローチできるようにルアーを通すかしばらく悩んだ末、ど真ん中にいる70クラスにいきなりアプローチすることに決める。これだけシーバスがいてもチャンスは1投目だけだと判断したからだ。

緊張しつつキャストし、ルアーを引いてくる。プレッシャーを掛けないようにラインを出来るだけ水面から離し、70クラスの目の前を通すように引いてくると・・・ゴンッ!その場ではなく1mほど追ってから食った。

最近お気に入りのベイトリール+ナイロンラインでテンションを一定に保ちながらやりとりするが、突っ込みが鋭く、親指やけどしそうにになってあわててクラッチ入れる。ドラグ調整しながらゆっくりとシーバスの体力を奪って、キャッチしたのは73cm。その後はシーバスはいるもののやはり警戒されてバイトはなかった。

さらにポイント移動し、似たような場所に入ると、50クラスが5本ほどいる。やはり1投目で食ってくるが即バレ。シーバスはそこから逃げないものの次のバイトはなかった。

最後にもう一箇所街灯周りに寄って見ると、サヨリは多いが水面は鏡面で静か。キャストしても反応はない。そろそろ帰ろうかと思った時に、水面に反転流。捕食音がしなかったのでシーバスかわからなかったが、とりあえずキャスト。この辺だったな~と思った所で・・・ゴンッ!ギュイーン!これも引きを楽しんでキャッチ。69cmの体高のある美しいシーバス。

69


ちょっとやる気が出てきて、釣行時間を延長。するとサヨリをシーバスが捕食し始めた。数は多くなさそうだが、60~70クラスが勢いよく水面に出てくる。ただ規則性が無くあちこちで出るのでポイントは絞れない。スイッチが入ったシーバスが居るのにバイトが出ない・・・。こうなるととにかく投げまくるしかない。

そうこうしているうちに流れが出てきて、サヨリが足元に集まりはじめると、岸壁の自分の居る真下、足先から1mの至近距離で捕食!(ちょっとびっくりする)。

フローティングルアーを浮かべといたら食うんじゃないか・・・っと思ったが、ルアーを怖がってサヨリが寄らない。

そんならリアクションだ!ということでその場にしゃがみこみ、足元で連続八の字・・・喰わん。

そんならトゥィッチじゃ~と足元をかきまわしていると・・・ヒット!なぜかサイズが小さく50弱、難なくキャッチする。

この時、竿先からラインは50cmほどしか出ていないが、ベイトリールの為、すぐにラインを出して、ファイトしやすい距離まで走ってもらえた。スピニングリールでは至近距離で暴れさせてしまい、おそらくばらしてしまっただろう。

その後も捕食を繰り返していたが、タイムリミットで終了。

自分のアプローチにきっちりシーバスが答えてくれたよい釣りだった。たまにこんな日もないとね~。

ステイしているシーバスに対しての1投目の重要性を再認識した。1度見切られるとなにをしてもだめ。逆に回遊しているシーバスに対してはキャストしまくって、偶然の出会いを楽しむ気持ちが大切なように思った。

ラインはしばらくPEを使っていたが、ナイロンの有効性を再認識。シーバスに関しては伸びるラインのメリットは大きい。

リールは近距離の場合圧倒的にベイトリールが有利。瞬時のクラッチON/OFFとサミングでばらし激減。

フックはもちろんスコーピオンフック。ばれにくいです。

4ヒット3キャッチ 73,69,48



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/12-c3f1fb30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。