シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョイ投げ 5/19
いつものエリアでチョイ投げ。

澄み潮の中、1投目から40クラスのチェイス。その後も食い気のあるチェイスが繰り返された。

付いているエリアは5~10m離れた場所、そこからルアーの後ろにスッと入り、水面直下まで付いてくる。

足元まで2尾付いてきたので、水面直下で横の動きを加えると「ガボッ!」と出た・・・が、フックアップせず。

私の大好きな至近距離のテクニカルゲーム、足元まで付いてきたシーバスにいかにして食わせるか・・・、めったにない至福の時間となった。

シーバスの活性は高く、さらに狭いエリアにものすごい数が入っていると思われ、スレずにチェイスを繰り返してくる。

最初に連続トゥイッチ&ジャークパターン・・・チェイスがない。

手前5mでルアーへ上昇軌道をさせるパーターン・・・いきなり食った!

200805191.jpg
40cmキャッチ!(ピンボケ)

急な上昇時に反転されるので、足元の護岸の壁までナチュラルに上昇させて、横移動を加えるパターン。

横移動させる前に足元で食った!

200805192.jpg
デブッチョ60cm 2kg(ピンボケ)

ナチュラル上昇がはまりパターンのようだった。

そのうち40cmのシーバス食っちゃうんじゃないかと思われるような、ビックシーバスもチェイスし始め、ついにひったくられるような強烈なバイト!手首捻挫しそうになる(笑)。

久々のランカーを思わせる引き、ライン出されっぱなしでその大きさが感じられる。

今回のロッドはデスペラードだったが、「やっぱりモアザンのほうがやり取りしやすいな~。」とか「このリールもだいぶヘタってきてるな~。」とか普段感じることの出来ないタックル性能のことを考えていたら、魚を見る前にばらしてしまった(笑)。

予定時間を少しオーバーしてしまったので、後髪をひかれつつ終了とした。明日も群れが残っているといいが・・・。

3ヒット2キャッチ 60,40cm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogasawara123.blog60.fc2.com/tb.php/103-21cd2dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。