シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/29 19:30~23:30
水温19度、濁り有り、ベイトほぼ無し。

先週同様、濁りが入っていて条件は良いように見える。

ベイトが少ないようだが、シーバスが居れば喰ってくる感じ。

捕食音がしない中、淡々とキャストを繰り返すが反応が無い。













今にもバイトが出そうな条件の中、結局今回もノーバイトで終了。

先週、今週共に魚の活性が極端に下がっている感じがした。



一発大物を狙っているので反応が薄いのは仕方が無いが、中型が溜まっているエリアを見つけているので、次回釣行はどちらが良いものか・・・。

0ヒット0キャッチ
スポンサーサイト
8/22 19:30~24:00
水温21度、濁り有り、ベイト少ない。

2日前に降った豪雨の影響で濁りが残り、水温は戻ってきている状況。

かなりの好条件の中スタート。


日没が日に日に早くなり、開始時間からベストタイム。

活発な捕食を期待したが、捕食音が全くしない。

条件が良いのでそのうち反応があるはず。


   ・


   ・


   ・


と思っていたが全く反応が無く、捕食音もしないまま終了時間に・・・(笑)。

条件は良かったが、ベイトもシーバスもエリアに居ない感じがした。

0ヒット0キャッチ
8/15 19:00~24:00
水温23度、濃い濁り、ベイトは目視できないが結構居る感じ。



いつもより早めに出たがお盆休みなのでアングラーが多く、ポイント選びから難しい(笑)。

被害が出るほど降った雨から数日、濁りは残り水温は上昇。

かなり良い条件のように見えた。



あちこちポイントを探し周った後、久しぶりに入るポイントへ・・・。

状況を観察しながら移動して打っていく。

かなり難しいポイントが続き、キャストしながらどんどん進む。

ようやく釣りになりそうなエリアに入るとすぐにヒット!

エラアライを何度も楽しんでキャッチ。

P8152103-320.jpg
81cm

120mmルアー丸呑みでした。

条件も良いし、捕食音もポイント周辺でしていたが、その後反2時間半無反応なので移動。



運よく他のアングラーが入っていたポイントが空いていたので、残りの魚を狙って入る。

時々大型シーバスの捕食音が静かなポイントに響き渡り、雰囲気は良い感じ。

集中して打っているとヒット、かなり遠くでのヒットだったので、思いっきりアワセを入れる。

エラアライの後、飼い犬のように素直にこちらに向かってくる。

最近、このパターンが多いので、無抵抗のままズリ上げしようともくろんだが、今回も失敗(笑)。

あと10mとなったところでゆっくりと抵抗を始める。

かなり強いシーバスでなかなか寄せることが出来ない、『背掛り?』と思う位寄せるのに苦労したが、なんとかキャッチ。

予想外にフロントフックがしっかり口に掛っていたのだが、サイズがデカかった。

P8152116-320.jpg
91cm

その後も大型シーバスの捕食が続いていたようだが、反応を得られず終了時間となった。



条件が相当良かったようで、大型を2キャッチ出来た。

反応だけを見ると2バイトしかなかったが、このサイズはそんなに数が居ないので、活性は非常に高かったと思われる。

2ヒット2キャッチ 91,81cm
8/8 19:30~24:00
水温21度、笹濁り、ベイトは浅瀬にマイクロベイト、5~10cmのベイトが結構居た。

2日前に降った雨の濁りが僅かに残っていて水温は上昇、まあまあのコンデション。

水温もかなり上がってきたので、水面直下を中心に攻めていく。

暗くなってもベイトの波紋は出るが、シーバスの捕食音はしない。

例年、この時期以降は条件が整わないと簡単に釣れなくなってくるので、あまり気負わずキャストを続けた。



2時間ほどして少しレンジを下げたら、ファーストバイト!

モソモソっとした感じで、活性が高くないようなアタリ。

アワセを入れると先週と同じ様に70クラスが2回ジャンプ、今回は外れずしっかりテンションが乗った。

・・・が、2回突っ込んだ時にフックオフ、外掛りで身切れしたような感じがした。

『今日は活性が低いのかな~。』と考えていると、遠くの方でシーバスの捕食が5分に1回のペースで始まってきた。

大小様々な大きさが混じっているようだが、一定のエリアで繰り返し捕食している。

ぎりぎりキャスト範囲だったので、近くまで移動してルアーを流し込んでみたが反応なし。

間隔を開けながら何度も流してみたがやっぱり駄目、少し休ませるとまた捕食が始まった。

かなり悩ましい状況だったが、しばらくやっても反応が出ないので別のポイントを攻める。



本日のメインスポットに入り、水面直下→水面下30cmと攻めたところで、さっきと同じようなモソモソバイト。

思いっきりアワセを入れるとヒット、エラアライを2回した後少し走ったが、後は無抵抗で寄ってくる。

『フックオフ?』と思う位こちら向きに泳いでくる、本気のファイトをする前に強引にズリ上げてやろうと思ったが、さすがにそうはさせてもらえない。

力強い突っ込みを何度か繰り返したが、ファイトのスタート地点が岸際だったので短時間でキャッチ。

P8082095-320.jpg
79cm

テールフックが目の下、中フックが頭にフッキングしていたので、低活性の喰い方のようだった。

フックが目に刺さらなくて良かった・・・。

その後も捕食音が聞こえていたが反応が無く終了時間となった。

シーバスが動いているのにバイト状況は低活性のような感じ・・・、何かがマッチしていない為、直前で見切られていたのかも知れない。

ベイトがマイクロベイトだったのかも・・・。

2ヒット1キャッチ 79cm
8/1 20:00~24:00
水温19度、濁り有り、ベイトはほとんど見えない。

日中局地的な強い雨が降って濁りが入っているが、水温の低下はしていない状況。

先週に引き続きかなりの好条件、今週も期待だけは高まる(笑)。



日没後、いつもなら捕食音が聞こえて来る時間になったが、まったく気配が無い。

居ないか、レンジが下がっているかのどちらかなので、少し潜るルアーを選択。

ねちっこく打っていくが全く反応が無い。

普段なら諦めムードになるところだが、条件が良いのでシーバスの回遊が有りさえすればバイトが出るはず、集中力を80%位に保ちながらキャストを繰り返す。



長~い沈黙の中、待ちに待った引ったくりのファーストバイト、アワセと同時に70クラスが水面に2回ジャンプ・・・してバレタ。

追いアワセを入れる隙もない、一瞬のド派手なショーを鑑賞できたので、今日は良い日だったと自分に言い聞かせる(笑)。

バイトやファイトの感じでは、個体数は少ないものの活性は高い感じ。

あとはルアーと少ないシーバスが偶然出会うのを願うだけ・・・。



運良くすぐに出会いがあったようで、『トンッ』というアタリから重みが乗る。

そこで思いっきりアワセを入れるとヒット、先ほど外されているので、さらに追いアワセを入れる。

ファイトは重量感があるが、こちら側に頭が向いていたので高速ゴリゴリ巻き、何度か走られたが短時間でキャッチした。

体高が有り、ウエイトの乗った良いシーバスでした。

P8012094-320.jpg
86cm

短時間でキャッチしたのでシーバスは元気で大暴れ、写真撮影、計測共にかなり大変だった。



その後、時間まで粘ってみたが、更なる出会いは無かった。



今週も条件が良かったので活性は高かったが、シーバスが少ない感じがした。

シーバスの群れは何処へ・・・。

2ヒット1キャッチ 86cm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。