シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/25 20:00~24:00
先週よりも少しだけ濁りが入ったが、無風の静かな夜。ベイトもさらに減って厳しい予感。

暗くなるまでの少しの時間、前回の『シーバスうようよシャロー』をトップで軽く一流し。

完全に暗くなってから少し沈めて再度攻めようと思っていたのだが、他のアングラー(ここからAさんと呼ぶ)がキャストしながら近づいてきたので戻れず・・・。

距離を保つ為、押し出されるようにこちらも移動しながらキャストしていく。

暗くなってしばらくして『シーバスうようよシャロー』周辺で捕食音が出始め、Aさんがドンピシャのタイミングでポイントに入る。

気になったので様子を伺っていると、ベストポイントにAさんのルアーが着水。

『解ってるな~。』と感心していると、ヒットした様子。

残念ながらバラシたようだが、Aさんはかなりの腕前と見た。

そのポイントはAさんに譲り、他のポイントを攻めていく。

すると前回キャッチしたストラクチャーポイントで今週もヒット!

サイズも同じくらいの60半ば、なかなか弱らないしぶといシーバスだったが、最後のランディング体制に。

もう少しで浅瀬にズリ上げというところで再度の突っ込み、ここで残念ながらフックオフ・・・。



今日はいつもより時間が短いので、気を取り直してすぐにキャスト再開。

あまり期待していないエリアで『コンッ』と軽いバイトからルアーが止まる。グイッとアワセを入れるとかなりのサイズがエラアライ。

強気に寄せようとしたがトルクがありすぎて全く巻けず、ラインがどんどん出て行く。

ロッドの角度とラインテンションの維持に集中するだけで、何も出来ないでいると『フッ・・・』とテンションが無くなりフックオフ。

思わず 『マジかよ~!!!』 と夜も遅いのに大声を上げてしまった(笑)。

かなりの動揺を引きずりながら再度キャストを開始して5投目でまたヒット!

先ほどよりは全然軽いが、なかなかのファイト。

手こずりながら何とかバレずにキャッチ。

P1010004-320.jpg
75cm

その前のバラシの印象が強烈すぎ、グッドサイズのキャッチにも拘わらず、あまり感動は無かった(笑)。

同じエリアで2度も大型シーバスのバイトがあったので、そのエリアにかなりの数のシーバスが溜まっているのではないかと予想。

少し休ませてから再度、同ポイントを攻める。

思惑通り、同エリアで70~80位のヒット連発!

『ゴンッ・・・ボシャボシャ、ジィ~~~~~~~~~、ボシャボシャ、ジィィ~~~~~~~~~、フッ。 』

『コツン・・・ボシャボシャ、ジッ、ジィィィィ~~~~~~~~、フッ。』

『ガンッ!ボシャボシャ、ジィィ~、ジィィ~、ジィィ~、フッ。』

大型の3連バラシに、大粒の涙が止まりませんでした(嘘)。

ここで時間を確認すると、早く帰るはずが1時間も予定を過ぎており、慌てて撤収して終了。

バラシもたくさんあったが、悔しさよりも楽しくて楽しくてしょうがない、夢のような時間を過ごすことが出来た。

なぜそのエリアに大型シーバスが溜まっていたかは全く想像付かないが、数十尾の大型シーバスの群れが留まっていたに違いない。

本当に運が良かった。

6ヒット1キャッチ 75cm
スポンサーサイト
6/20 19:30~23:30
水温18度、濁り無し、ベイト数は減った。

2日前に雨が降ったが、あまり変化の見られない水質、1バイトを目標に釣りスタート。



いつものように日暮れ前はサブ会場でベイト状況や水質を確認しながらキャスト。

移動しながら打っていくと数メーター離れた所で大型の魚が逃げていく。

シーバスかボラか解らなかったが日暮れ前+クリアーな水質+膝上の水深なので、大型のボラに決め付けて無視することに。

ルアーに反応は無いが、その後も何度か大型の魚が私の気配に気づいて逃げていく。

暗くなってきた所で股下まで入水して広範囲に攻めていると、背中で大型シーバスの捕食!

どうやらさっきから逃げているのは大型のシーバスのようだった・・・、数はある程度入っていてシャローをうろついているので活性も悪くない。

ゆっくりと上陸し、慎重にシャローを攻めたが反応出ず。

一旦このポイントを休ませてメイン会場へ移動。



途中ストラクチャーを一箇所だけ叩いたら運よくヒット!

スピード感のあるファイトを楽しみながら素早くキャッチ。

P6202052-320.jpg
66cm

やはり素早いキャッチをすると魚も元気、グリップを外すと勢いよく泳いで行った。

数投してからメイン会場に移動。



期待していたメイン会場だったが、2時間ほどキャストして全く反応無し。



休ませておいたサブ会場へ戻り、岸からショートキャストでシャローを打っていくが反応無し。

股下まで入水して今度はロングキャストで広範囲に探る。

しばらくしてヒット!先ほどのシーバスより少し大きくて70cm位、しっかり合わせも入ったが、3回目のエラアライで残念ながらフックオフ。

移動しながら打っていくと、足元の障害物につまずく。

よろめいている所で再度のバイト!

本当にひっくり返りそうだったので(笑)体制を立て直すのを優先し、合わせを入れられず・・・。

この時、135mmのルアーを投げていたが、口の中に入りきれていないのかもしれないと考えて100mmにサイズダウン。

終了時間も近くなってきたところでヒット!

『ボシャボシャ』と大迫力のエラアライ、月明かりで見えた大きな頭からするとおそらくランカーサイズ。

一気に走ったところで3度目のフックオフ。

#6のフロントフックが伸ばされていた。

おそらく掛り所が悪かったのだと思うが、自分のファイトスタイルなのでこれは仕方ない。

ここで終了時間、3バラシは残念だったが悪条件の中でも反応が多くて楽しめた。


シーバスもある程度定位し始め、付き場が春から初夏へ変化したことが感じられた。

今後の釣行にとても有益な、中身の濃い釣行となった。

4ヒット1キャッチ 66cm
6/13 19:00~23:30
水温18度、濁り無し。

水温がさらに上昇し、一気にシーズンインした様子、引き続きベイトも豊富で期待が高まる。

先週同様、日暮れまではサブ会場で様子見、シーバスの捕食らしい波紋もたまに出ていたが無反応。


日暮れと同時にメイン会場へ移動、無風、明るい月明かり、晴天の星空。

静けさの中、ゆったりとした時間を楽しむ(笑)。


見た目は釣れそうな雰囲気は全く無いが、この時期のシーバスは悪条件の中でも喰ってくるので油断は禁物。

手を替え、品を替えてアプローチを繰り返す。

先週の水面爆発ポイントも無反応で通過し、若干諦めムードの中、先週・今週とシーバスの捕食音が出るスポットへ・・・。

水面に変化は見られないが、なぜかそこに捕食が集中する場所、ゆっくりとそのスポット上を通したが、やはり反応が無い・・・。

スポットからルアーが離れて油断しているところに『ゴッ』と待望のバイト!

ボシャボシャとエラアライした後、素直に寄ってきた。

簡単にリーリング出来るがかなりの重量感、10mまで寄った所で本気で走り始める。

今シーズンはユルユルドラグでのファイトがテーマなので、走りたい時は最低限のテンションを保ってラインを出していく。

・・・が、止まらない。

90アップが頭をよぎる中、長時間のファイトの後ようやくキャッチ。

ライトで照らすとデカイ!
P6132045-320.jpg

・・・が短い(笑)。

シーバスに気を使ってフラッシュ無しで撮影したが、ほとんどピンボケか手振れでなかなかうまく撮れなかった。

仕方ないので光を目に入れない様に上側からストロボ撮影、ようやく全身を撮ることが出来た。

P6132048-320.jpg
72cm

全長の割りに重量、体高、幅がすばらしい魚体だったが、90が頭をよぎった自分って・・・(笑)。

その後、リリースをしようとしたが体力を消耗しすぎて、泳げずにひっくり返ってしまう。

エラに水をとおして長時間の蘇生を行い、なんとか泳いでいったが長時間のファイトは予想以上にリスクを伴う。

生き伸びてくれれば良いが・・・。

その以後は反応を得られず終了時間となった。


これまでの釣りでは、今回のようにリリース時にひっくり返って泳げ無い状態になるシーバスは居なかった。

すばらしいファイトをしてくれたシーバスなので、弱い固体であった訳ではない。

このような状態になるのなら、フックを伸ばされたり、大暴れしてバラシたとしても、これまでのファイトスタイルをしていこうと思う。

今シーズン初の70アップをキャッチしたが、後味の悪い釣行となってしまった。

1ヒット1キャッチ 72cm
6/6 19:00~23:30
今回も日が高いうちからスタートし、ベイトやストラクチャーを注意深く確認していく。

水温16度、濁り全く無し。

このところの水温上昇でベイトも増え、夕マズメのシャローにはシーバスらしき捕食も見られた。

ようやく今年も本格シーズンインをした感じで、シーバスの入り次第では良い釣りになりそう。


日暮れまでは地形を確認しながらサブ会場で様子を探る。

小さなシーバスぽいバイトが1回あった。


日暮れと共に本日のメイン会場へ、明らかにシーバスと解る捕食音も有り、魚は入っていて活性も悪くない。

あとはどれ位の数が入っているかによって釣果が左右されるが、セイゴかフッコサイズなら最低1本出そうな雰囲気。

今にもバイトが出そうな感じだが、一向に反応が無い。

今シーズン慣れてしまった長~い無反応の時間も、気負わずのんびり釣法であきらめずキャストを継続する。

かなり油断しているところへ、ルアーのピックアップ直後に『パシュッ』とフッコサイズが水面に出た。

残念ながら、この時ルアーは空中にあった。

濁りが入っていればピックアップまで集中してルアーを引いているが、完全クリアーのシャローで出るとは予想していなかった。

それからピックアップまで集中して引くようにしていると、『ボシュ』っとスズキサイズが至近距離でバイト!

一瞬重みが乗ったがフックアップまでは出来なかった。

2度のバイトはミノーを遠投してから引いてきて、ピックアップ間際に引き波が出た直後にバイトが起こっている。

それだったら最初からトップのルアーで引き波を立てながら引いて来たら出るはず、・・・と思ったがしばらく反応なし。

元に戻してミノーで上層を引き、最後に引き波パターンを試していると

『ボッシャーン!!!』

デカイシーバスが至近距離で水面バイト、これも一瞬重みが乗っただけでフックアップはできなかった。

予想はしていたが、かなり心臓に悪い・・・(笑)。

ここまでくるとキャッチは時間の問題だが、時計を確認すると大幅に終了予定時間を過ぎていた。

・・・時間の問題で終了となった(笑)。


釣りをしているときは長い距離を追って来て、引き波がバイトスイッチになると思っていた。

後から考えると、それならばトップの引き波にも出るはず。

出ないのは足元のシャローが捕食エリアだった為で、そこに入水しているからすべて至近バイトになってしまった。

入水しないでシャローの捕食エリアを有効に使えていれば捕れていたかもしれない。

残念な結果だったが、なかなか面白い釣りではあった。

0ヒット0キャッチ
5/31 20:00~24:00
水温が急速に上昇してきているので、期待が高まる中での釣行。

水温14.5度、8日前から3.5度上昇して水温に関しては問題なし、後はベイトとシーバスが入りさえすれば、ようやく春の本格シーズンインとなるが・・・。



今回は日が暮れてからのスタート、相変わらず極小ベイトが水面に波紋を広げているがシーバスの気配は無い。

中層を中心にスローな釣りを試すが、2時間ほど反応なし。

水面にやや大きめの魚の捕食らしき大き目の波紋が出始める・・・、と言ってもシーバスなら40~50cm位。

試しにトップをとろとろ引いてみたら『パシュッ』と可愛らしいバイト、30cm位のシーバスだと思うが、残念ながら乗らなかった。

しつこくトップを攻め続けたが、その後は全く反応が出ず。

再度、中層から底付近を引いて見るが、何の反応も得られず終了となった。



数は多くは無いが、シーバスは入って来ている感じはする。

近日中には大型シーバスと出会えることが出来そうだ。

0ヒット0キャッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。