シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/25 19:00~23:00
夏の厳しい条件の中、上流で降った雨の影響で若干の増水とわずかな濁りが入っていた。

ほぼ無風、捕食音もしない鏡面の水面は夕暮れと星空を美しく映し出していた。

シーバスの活性も高いはずは無く、無反応の時間が続いた。

少しずつ移動しながら流れの変化を探っていると、想定外のバイト!(笑)

しっかりフッキングさせてから寄せて来ると、素直に寄って来るが、伝わってくる重量感からすると、良いサイズのはず。

10mほどまで抵抗無く寄って来たが、予想通りそこから一気に走り出した。

エラアライしないほどシーバスに余裕があり、手こずりそうだったが、あっけなくフックオフしてファイト終了。

テンションが掛っている時のフックオフで、フックも伸びていないことから、身切れによるバラシのようだった。

どうしようも無いフックオフだったので、あきらめてキャスト継続。

さらに反応が無い時間が続き、星空を眺めながらのんびりキャスト、運良く流れ星を3つ見ることが出来た。

終了時間となり、あと3投したら帰ろうと決めて、フルキャスト。

その2投目にまたまた想定外のバイト!(笑)

元気なシーバスで、ジャンプを何度も繰り返して楽しいファイトをしてくれた。

P8251983-320.jpg

サイズは50cmちょいだったが、厳しい条件の中、貴重な1尾に大満足して終了とした。

2ヒット1キャッチ 50cm
スポンサーサイト
8/9 20:00~23:00
晴れ続きで条件が悪い中、短時間の夕涼み&気晴らし釣行。

全然釣れる気がしないままキャストしていると、ドシャローで小さいサイズが捕食していて、大きいサイズはストラクチャー際で捕食していることが解った。

当然、ストラクチャー際の大きいサイズを狙いに行ったが、夜で着水点が読めずにルアーロストを繰り返した。

かなりタイトに攻め続けたが、バイトは無くあきらめムード。

キャストしながら車に戻っていくと、まさかのバイト!(笑)。

後ろ側の星空を眺めていたので、アワセが大幅に遅れて乗せきれず・・・。

この1バイトで満足して終了とした。

0ヒット0キャッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。