シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/28 19:30~22:30
濁り無し、風無しでかなり厳しい条件、それにもかかわらずアングラーの姿があちらこちらにあった。

春の旺盛なシーバスの食い気が例年よりも長い間続いていたので、その点に期待しての釣行。

夕マズメ、ピックアップ前の引き波に『バシュッ』と出たが乗らず、フッコサイズが水上50cmほどまでの豪快な食い上げジャンプを見せてくれた。

移動しながら打っていくが、全く反応無し。

周りのアングラーもノーキャッチの様子だったので、早めに終了とした。

長く続いた春のサービスタイムが終わり、しっかり考えながら釣行しないと釣れない時期になったようだ。

先週末に根こそぎ釣られて、シーバス居ないのかも・・・(笑)。

0ヒット0キャッチ
スポンサーサイト
ウェイダー購入
ウェイダーがことごとく浸水してしまうため急遽購入、信頼の日本製であまり高くないものを選んだ。

購入したのがリバレイの『RLストリュームウェイダーINJ』、新製品でブーツとインナーソックスが分かれているタイプ。

インナーソックスをはいてからウェイダーに脚を通す為、履きにくいし、履く場所を選ぶ。

履いてしまえばインナーソックスのホールド感と軽いブーツで、割と楽に歩くことが出来た。

入水してみると、薄いブーツ部分の水圧によるつぶれが少し気になった。

発泡タイプのブーツよりも明らかに水圧が足に掛っている。

そして、ほとんどの釣行で3~4時間の入水をしていると足裏が攣り始める。

水圧によるものなのか、体温低下によるものなのかは解らないが、入水時の負担が大きいような気がする。

旧タイプのではそんなことはなかったので、足が攣りやすいには向かないのかもしれない。
6/21 20:00~23:00
このところ悪条件ながらシーバスの活性が比較的に高いので、条件が整えば爆発する予想をしていた。

そんな中、久しぶりに良い条件の日に釣りができる事になった。

ポイントに入ると水温低下はあるものの、それ以外の環境的な条件は良い。

あとはベイトとシーバスがこのエリアに居れば完璧、かなりの期待をして釣り開始。

すぐ反応があるだろうと思ったが、







そう簡単にはいかない。

集中して様々なパターンを試していく。

しばらくして初ヒット、このところショートバイトやバラシが多かったが、今回はしっかりフッキングした。

サイズも良く、ファイトを楽しむ・・・余裕はなかった(笑)が、あと数メートルの所まで寄せた。

しぶといシーバスで、ズリ上げ直前にトルクのある突っ込みで5メートル走る。







ここでまさかのフックオフ、慎重なファイトが裏目に出てしまった。

『まだ居るはず。』と気を取り直して、釣りに集中。

そしてまもなくヒット!

今回は自分本来の強気のファイトでグリグリ寄せる。

数度の突っ込みをいなして、久しぶりのキャッチ。

ランカーまではなかったが、ウエイトの乗った美しいシーバスだった。

P6211970-320.jpg

76cm

9cmルアー丸呑みで、この日の活性の高さを物語っていた。

先にバラシたアプローチは、ルアーを流れに乗せていく釣りで、キャッチしたアプローチは流れに逆らう釣り。

活性が高い時は流れに逆らう釣りの方が正解のような感じがした。

その後は反応が無く終了。

ショートバイトも無かったため、活性は非常に高かったが、シーバスの数がこのエリアに少なかったという感じがした。

2ヒット1キャッチ 76cm
6/16 19:00~23:00
今週はあまり期待できない状況なので釣りはしない予定だったが、予定が空いてしまったので仕方なく(?)釣りをすることになった。

混雑を予想していたので明るいうちにポイント選び・・・、どこも満員御礼。

どうしようもないので比較的空いているポイントに入ったが、先に入っていた対岸のアングラーの右側のポイントをつぶしてしまった。

対岸のアングラーはよく見ると男女ペア・・・『もしかしてミッキーさんとやよちゃん?』と思ったが、大声で確認する度胸はなかった(笑)。

もしそうだったら、この場を借りて謝罪しときます。

状況は濁り無し、アングラー一杯でプレッシャー高い、最悪に近かったが、しっかりとキャッチしているアングラーもいた。

時合いになった頃にようやくヒット、強気でグリグリ寄せていたらエラアライでフックオフ、リアフックの1本が伸ばされていた。

バイトが浅い為だと思うが、ベイトが小さいのか、シーバスが神経質になっているのかのどちらかだと思われる。

135mmのルアーでフロントフックに掛らない時点で、ルアーの選定が間違っている。

7~9cmの小さいルアーに交換して再開、ショートバイトが何度かあったがこちらも吸い込まず。

レンジを変え、動かし方のバリエーションを試していったが、その後はバイトが無かったため、この日の正解を確かめることは出来なかった。

今回で3連続ボーズとなったが、厳しい条件の中、大型シーバスのバイトやヒットがあるので結構楽しめている。

雨で濁りが入ると爆発しそうな予感がしている。

1ヒット0キャッチ
6/7 20:00~24:00
前日に待ちに待った雨が降り、条件が良くなった所を狙っての釣行。かなり期待して入ったが、思ったほど雨の影響は無かった。

それでも開始2投目で大きな反転流を確認、警戒はしているようだが前回よりは良いような感じ。

数投後にじゃれ付く様なアタリ、前回大アワセして乗らなかったので、向こうアワセを試す。

『グン・・・グン、ボシャボシャー!』(アワセは入れない)







乗らない(笑)。



しばらくしてピックアップ手前の引き波に水面爆発!

『ボッシャー!!!』







乗らない(笑)。

その後はアタリも無くなり、遠くのアングラーが良型をキャッチするのをただうらやましく観察する。

『まだ居るはず!』とあれやこれややってみたが、バイトも無く終了時間となった。

0ヒット0キャッチ
6/2 18:30~23:00
晴天続きで濁りが無く、かなり厳しい状況での釣行。

日暮れ前にポイントに入れたので、少し周辺探索しながら日暮れを待つ。

夕マズメから前回と同じパターンを試すが無反応、日が暮れてもシーバスの活性は上がってこないような感じ。

色々と試してみたが、長い無反応の時間が続く。

早めに切り上げようかと思い始めたときに、待望のバイト!

『コツッ、コツッ・・・グイーン』と引きこまれたと同時に渾身のアワセ。

一瞬、『グン』とテンションが乗ったところでフックオフ。

『ボシャボシャ』と大きなエラアライをしてお帰りになりました。

その後も少し粘ってみたが、反応はそれっきり・・・。

この状況で1バイトは上出来と言うことにして、少し早めに終了した。

0ヒット0キャッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。