シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/20 18:30~23:00
そろそろ秋の荒食いシーズン、産卵を控えたナイスボディのランカーを狙っての釣行。

数日前に降った雨後の増水が落ち着き、水温が上昇傾向で安定。

濁りも入っていてなかなかの状況だったが、東風で波が落ち、総合的な条件は良いとも悪いとも言えない感じ。

ポイント1 港湾部 水温18度

サヨリ絨毯を期待して入ったが不在、アジやメバルがちらほら。

2時間やってノーバイト。

ポイント2 サーフ 水温18度

サヨリを求めて移動したが、こちらも不在。

1時間やってノーバイト。

ポイント3 河川 水温12度

一発逆転を狙って入ったが・・・。

ポイント4 港湾部 水温未計測

こちらもサヨリ不在。

結局ノーバイトで終了、サヨリが居ないのでポイントが絞りにくかった。

水温が思っていたよりも高く、まだまだシーズンは続きそうだが、たくさん居たサヨリとカマスが完全にエリアから抜けてしまったのが気になる。

今年は難しい秋シーズンになりそうな気がする。

0ヒット0キャッチ
スポンサーサイト
10/7 19:00~22:00
前々日の様子見釣行の感じが良かったので、今回はかなりの期待を持っての釣行。

ポイントに入ると雨で濁りが入り、波も丁度良い具合。

開始早々からセイゴがヒットしたが、抜き上げバラシ。

そのあと小さな黒鯛がヒットしたが、これもバラシ。

そこからは全く反応が無くなる。

ベイトの気配も無く、水温を計ってみると16度。

雨で急激な水温低下があり、ベイトもシーバスも居場所を変えてしまった感じ。

そんな時のポイントへ移動したが、近くにメバル釣りの先釣者。

どこへ行ってもあまり期待も出来そうにないので、早めの終了とした。

1ヒット0キャッチ
10/5 19:20~20:00
今回は30分の釣行(笑)、釣りをすると言うより海の状況確認。

数年ぶりで当たり年となったカマスがサヨリを追い廻し、無風ながら騒がしい海となっていた。

たまにそこそこサイズのシーバスもサヨリを食い上げていて、なかなか良い感じ。

時間が無いので早いテンポでランガンしていると、早々にヒット!

軽いバイトの後、すんなりと寄って来たので小さいのかと油断していると、近くにきてから重量感の有る突っ込み。

なかなかネットに入ってくれず、取り込みに少々手こずりながらもキャッチ。

PA051946-320.jpg
70cm

取り込みの為ライトで水面を照らすと、同サイズが遊びに来ていた。

群れで回遊しているのかも知れないので、今夜はいい思いが出来る???

短時間釣行であることも忘れ、妄想しながらキャストしていると、ガツンと活性の高い反転バイト!

残念ながらこれは乗らず。

ここで短い釣行時間は終了したが、誘惑に負けて10分間の延長戦。







何事も無く終了(笑)。

今回は魚の活性が高く、短時間ながら良い思いが出来た。

そんなに良いとは言えない状況でも、活性が高かったのはベイトのサヨリの動向か、たまたまシーバスの群れが入ったからなのか・・・。

短時間釣行のため納得のいく答えは出せなかったが、秋らしい釣りが出来た。

1ヒット1キャッチ70cm
9/30 19:00~24:30
久しぶりの釣行なので状況が解らず、どこに行こうか悩む。


最初に入ったのは一発大物狙いのポイント。

時期的には厳しくなってきたが、今シーズン好調だったポイント。

様々な条件が揃っていたので少し期待したが、2時間ノーバイトだったので粘らずに移動。


次のポイントは今回のメイン会場。

こちらは少し時期が早いが、今回の条件は最高。

早速、2投目でヒット・・・したが小さい。

P9301941-320.jpg
45cm位

その後もバイトは有るが、セイゴのようでなかなか乗らない。

大きいサイズも入っているはず・・・と粘ってみたが、ヒットするのはやはりセイゴ。

終了間際にようやく60位をキャッチして今回は終了。

PA011944-320.jpg
60cm位

今回入ったポイントの1箇所目は、これからほとんど可能性が無くなって来るので、今回で終了とした。

2箇所目のポイントは、シーバスの活性が高かったがセイゴサイズが多く、これからという感じだった。

活性が高い中でも、今回はレンジの範囲がシビアで、違うレンジを通してしまうと全く反応がなかった。

荒食い時の何でもOKという感じではなかったので、秋の本格シーズンは少し遅れるのかもしれない。

5ヒット3キャッチ 60位、45位、40位
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。