シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
港湾部 7/30 18:00~21:00
大雨警報と洪水注意報が出ていたので米代川はあきらめ、港湾部に明るいうちから入った。

海も濁りが入り、良さそうな感じがしたが暗くなるまでは反応なし。

水温の低下と塩分濃度の変化で活性が落ちていると思っていたので、あまり気負わず移動しながらキャストしていく。

サヨリがちらほら見えたが浮いてくるシーバスは少ないだろうと判断し、深いレンジを攻めていると予想外の着水バイト!

50クラスで即バレしてしまったが、レンジと活性が解ったので表層をスローで攻めていく。

すっかり暗くなった頃、小さなシーバスの捕食音が出始める。群れの様で連続で捕食することもあった。

アタリも出るようになったがサイズが30~40cm位でバイトも浅く全然乗らない。

それでも予想したポイントで食ってくれるので、これはこれで楽しい(笑)。

そんな遊びをしながら大きいサイズが付くピンスポに到着、距離を7m取り12mキャスト。

吸い込みが弱いと思われたのでルアーはCD75、ゆっくりと水面下5cmをノーアクションで引いて来る。

10m・9・8・7(居ないか?)・・・6・『コツン』・・・『バシャバシャ!』。

まあまあサイズがヒット、スプールを抑えて泳がせながらポイントから離していく。

数度の突っ込みの後、ネットを伸ばしたところでフックオフ。

ばれてしまったがイメージ通りのヒットに大満足する。

しばらく他を攻めて乗らないセイゴと遊び、再度ピンスポへ・・・。

今度はサイズに合わせて120mmのミノーをキャスト。

10m・9・8・7『コツン』・・・『バシャバシャ!』。

またも思い通りのヒット、先ほどよりサイズが小さいので難なくキャッチ。

P7301791-320.jpg
55cm

思った通りの外掛りで、センターとリアフックがフッキングしていた。

しばらく同ポイントを攻めてみたが、その後は反応なく終了時間となった。

今回の釣行は条件的にあまり期待していなかったのだが、久しぶりにテクニカルなゲームを楽しむ事が出来た。

イメージ通りの釣りができると、サイズに関係なくめちゃくちゃ楽しいです。

3ヒット1キャッチ 55cm
スポンサーサイト
米代川 7/23 20:00~24:00
先週より水位が落ち、若干濁りが残っている米代川。

この日はコウモリの活性が高く頻繁にラインにアタックしてくる。

それを無視しながらキャストしていると一瞬『ググッ・・・』っとアタリのような、コウモリがラインに絡んだ様な微妙な感触・・・。

その後は何の反応も無かったので、いつもよりも早めにランガン。

いつもは引き返す所からさらに奥へ新規ポイント探索。

単独でナイトゲームということもあるので無理はしなかったが、200mほど離れたポイントでデカシーバスが捕食を繰り返していた。

明るい時にルートを探していずれ攻めてみたいと思う。

広範囲に探ったが今回は無反応で終了、捕食音のした周辺でも無反応だったので警戒心が増していたのかもしれません。

0ヒット0キャッチ
ウェーダー購入
3年くらい使ったリバレイのCR-6000ウェーダー、膝の部分が擦り切れて僅かに浸水していたので新しのを購入した。

P7231779-320.jpg
マズメネオプレーンウェイダー ブラック

ネットの評価ではフロントジッパー部の浸水が指摘されていたが、小用が楽に出来ることと、これからの暑い時期にはフロントオープンが涼しそうだったので購入してみた。

ダメだったら股下限定のウェーダーにします(笑)。

値段が前に使っていたものの2倍近くするのでさすがに材質や使い勝手は良く考えられている。

細かく見るとステッチの雑さなどが目立つが・・・。

タイト目に着たかったのでサイズはLを購入したが、182cm80kgには股下が少し足りなかった。

LLでも股下1cmしか違わないので、脚が長いってことにしておきます。

ついでにバークレーの新しいPEラインが安売りしていたので購入してみた。

どちらも使ってみてからインプレをアップしたいと思います。
米代川  7/16 19:30~24:00
梅雨らしく数日続いた雨で水位も上がり、濁りも入った米代川。珍しく夜に濃い霧が掛かり幻想的な雰囲気の中の釣りとなった。

いつもより水位が高く川幅が広がっているので、慎重にウェーディングを開始する。

普段陸地となっている浅瀬の流れの緩やかな部分には小魚が波紋を広げていて、シーバスの捕食ポイントがいつもと違っていることが予想された。

風も無く静かな川を霧が流れ、のんびりとしたキャストとリトリーブを繰り返してリラックスモード。

釣りはしているが、なんとなく他の事を考えながらピックアップに向けてルアーが水面に出てきた瞬間・・・

『ボワシャーーー!!!』

聞いたことが無いくらい大きな水面爆発が目の前で起こった。

完全に油断していたので頭パニック状態、でも港湾部でピックアップ間際のバイトは何度も経験しているので、体が反応してアワセを入れる(エライ俺!)。

大アワセを入れてもシーバスは即座に反転してドラグを引き出していく、この時点でサイズが良い事がわかったがまだ頭はパニクっている(笑)。

大暴れされる前に逆転するスプールを押さえフックアップを完全なものとする(エライ俺!)。

下がりながら躊躇無くシーバスを寄せ、浅瀬に追い込み短時間でキャッチする(エライ俺!)。

オーシャングリップで掴んですぐにルアーを外し、シーバスを水中に戻す。

ここでようやく落ち着きを取り戻し、一目でランカーと解るシーバスをキャッチしたことを理解する。

P7161776-320.jpg
87cm 5.0kg ※ちょっとスケールずれてますが実測87cmでした。

冷静に振り返ると、頭が予想外のトップバイトでパニクリながらも一連の動作は完璧にこなしていた。

まずはピックアップが近くなったらロッドを立てて早めにルアーを水面に出し、最後のバイトチャンスを作ったこと。

ピックアップまでルアーを泳がせると、せっかく追ってきたシーバスにバイトチャンスが無いままアングラー近づきすぎるので、その存在に気づかれ反転されてしまう。

至近距離(といっても4m位離れたてましたが・・・)のバイトにもしっかりとアワセを入れられたこと。

ドラグが滑っている間は追いアワセを入れず、スプールを抑えて深くフッキングさせたこと。

ファイト中はシーバスのサイズに関係なく、自分のセッティングを信じて素早く寄せたこと。

そんな自分を褒めてあげたい!(笑)

さらに追加のシーバスを狙ったが、いつものように反応はこれっきりで終了時間となった。

今回の米代川は、流れが強くなる場所では立ってられないほどの水流があり危険を感じた。

知っているポイントでも増水時は慎重に行動しなければならない。

1ヒット1キャッチ 87cm 5.0kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。