シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーバスの捕食について2
シーバスの捕食について先日思っていることを『シーバスの捕食について』の記事で書きましたが、もう少しミクロな視点で考えて見ます。

シーバスがルアーを認識→追尾→バイトという流れの中で、もっとも悩ましいのがバイトをするかしないかという点です。

ルアーフィッシングの中で魚に反転されるのか、バイトまで持ち込めるかは天と地ほどの違いになります。

ナイトゲームでは『魚居ない!』となりますが、港湾部などでのデイゲームでは『あと5cm!』というところまで追尾しながら反転されることが結構あります。

興味を持ってチェイスしてくるのにバイトしないということはどういうことか・・・。

簡単に言うと『安全に食べられるベイトではないことがばれてしまう』ということだと思います。

チェイス中、大抵のシーバスはしっかりとルアーを観察しています。

変な動きをする魚のようなものが、弱った魚なのか危険な物体なのか判断しているのです。

ルアーはシーバスにとって命に関わる大変危険な物体なので、バイトしないシーバスは正しい判断をしています。

釣れるシーバスは反射的な本能によって誤った判断をする訳ですが、アングラーの工夫によってシーバスが反射的にバイトする可能性を高めることができます。

シーバスの捕食シーンを映像等で見ると、ベイトが反転してある方向に泳ぎ出した直後にバイトしています。

これはロックフィッシュなどの瞬発力で捕食しているフィッシュイーターにも共通しています。

魚は体を曲げて泳ぐ方向を変えて尾びれで水を押して加速しますが、加速して一定方向に推進力を得てしまうと容易に方向を変えられえないのだと思います。

フィシュイーターにとってベイトの動く方向が限定されてしまう反転直後の状態は最も捕食しやすい瞬間になります。

ルアーフィッシングでその状態を演出しようとするとルアーをダートさせるのが最も有効な方法となり、ルアーを反転させた後に一瞬の直線運動するための間を演出しなければなりません。

このような動きをするルアーはそう多くないですが、1本持っておいて良い動きを出せる用に練習しておくと釣果に結びつくと思います。

中でも私が一番有効だと思うルアーはオンスタックルデザインのマナティーです。ダートの幅、伸び、スピード、アクションの変化のバリエーション等、デイゲームでは最高のルアーです。

ナイトゲームでは釣れませんが・・・(笑)。

もう一つのバイト確立を高める方法としては、ルアーを早く引くということです。

基本的にシーバスは長い距離を追って捕食する魚ではありません。

早くルアーを引くことでシーバスに観察する時間を与えないようにすると、シーバスの前に差し掛かった時に一気に加速してバイトするか、チェイスしてもすぐにバイトまで持ち込むことができます。

その他にも細かいテクニックがあるのですが、長くなったので次の機会にします。

デイゲームでもタダ巻きで釣れますが、より多くのシーバスを釣るためにはルアーを効率よく動かしてバイト確立を上げることが必要です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。