シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009シーズン総括
今シーズンは釣行時間が昨年度より40%も減ってしまいました。

平日の昼休みに楽しんでいた僅かな時間の釣行も仕事の関係で出来なくなり、後半はナイトゲーム主体の釣行となりました。

デイゲームのシーバスからの反応で動向を推理していたので、全く情報が無い釣りは思うように釣果を出すことが出来ませんでした。

今シーズンをデータで振り返ると、

釣行時間 : 69時間(デイゲーム18.5時間、ナイトゲーム50.5時間) ※2008年 119時間
釣果   : 15尾 ※2008年 45尾
全長平均 : 48.7cm ※2008年 46.4cm
時間/尾 : 4.6時間/尾(1尾釣るのにかかった時間) ※2008年 2.6時間/尾

全長平均は少し大きくなりましたが、1尾釣るのに平均4.6時間かかってしまい、昨シーズンの2.6時間よりだいぶ長くなってしまいました。

やはり釣行時間が少なくなったのでシーバスの動向がつかめず、思うように釣果が出せなかったシーズンと言う事になります。

来年もナイトゲーム中心で釣行時間も少ないと思われるので、リアルタイムの情報によるポイント選択は出来ないと思います。

そうなると今まで積み上げてきた過去のデータを見直して、過去データによるポイント絞込みのを的確に行わなければなりません。

釣行前準備が重要となってきます・・・が、某メーカーみたいにシックスセンスに頼るかもしれません(笑)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。