シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後のチョイ投げ 6/22~26
これまで楽しんでいた昼休みのチョイ投げが、仕事の都合で出来なくなってしまいました(涙)。

釣行時間の約半分が無くなることになり、これからは月1回位のナイトゲームのみということになります。

かなり記事の更新も少なくなると思います。


最後のチョイ投げは米代川のポイントを日替わりでやってみました。

ベイトの姿も確認できず、ノーチェイス、ノーバイト。

やっぱり川のデイゲームは難しいです。
スポンサーサイト
秋田運河 6/20 17:00~23:00
今シーズン初の秋田運河、もうシーバスは入っているはずなので、釣れる釣れないはシーバスのご機嫌次第・・・。今回はいつもより早めに始められたのでのんびりとキャストすることにした。

明るいうちにキャストを開始し、バイブレーションの早引きを試す。今回は巨鯉が多く、数等ごとに巨体にルアーが当たる。

無反応のまま夕マズメになり、今度はトップを試す。パシャパシャ、ポコポコやってみましたがこちらも無反応。

暗くなり始めて今度はシンキングミノーで組立て、小さめのルアーでとりあえずセイゴを狙いに行く(笑)。

暗くなって30分ほどで最初のヒット、40cm弱のセイゴをキャッチ!これでボーズは逃れた・・・(笑)。

P6201615-320.jpg

ここから12cm以上のルアーを中心にローテーション、相変わらず巨鯉にルアーがぶつかるので油断しているところへ『ゴツンッ』とアタリ、フックアップしなかったので『また鯉か~』と思ったところで、ナイスサイズのシーバスがエラアライ!

バイト後にビックリして水面を割ったようだ・・・フックアップしていれば・・・。

その後長い時間バイトもなく鯉のウロコがたまに引っかってくるだけ、シーバスは厳しいのが解ったので・・・

『鯉でもいいから釣りたい・・・』

『コツンッ』といったら大アワセをするが、全然乗らない。

なかなか難しい・・・(笑)。

そんな遊びをしている中『ゴンッ』とひったっくりアタリ、即座にアワセ+追い合わせでフックアップしたところでグットサイズが頭だけ出してのエラ荒い。

テンション抜けないようにグリグリ巻いていると最初の抵抗、『ジーーー』とドラグが鳴ったところでフックアウト(涙)。

その後はまた反応が無くなり23:00予定より早めにストップフィッシングとした。

今回は異常に鯉が多くやりにくかったが、そこそこのサイズがバイトしてくれたので楽しめた。

居付いているシーバスの数が少ないか、活性が低いのかは解らないがバイトの状況から回遊している固体が少ないような感じがした。

ただサイズは大きいのが入っていて(今回は70位か?)、条件が整うと良い釣りができるかも・・・。

3ヒット1キャッチ セイゴ
今週のチョイ投げ 6/15~19
プランクトンが増えたのかクリアーな潮は無くなったので、デイゲームでも釣り易くなった。

ベイトもアジを中心にコノシロ、ウグイ等が結構居るので条件は悪くないはずだが、晴れの日が多かったためシェードにシーバスが固まり釣りにくかった。

40クラスの抜き上げバラシ1回と60クラスのバラシが1回で今週はキャッチは出来ず・・・。

40~50の群れと60~の単独シーバスの構成が多かった。

相当数のシーバスが動き回っているものの、スーッとルアーには寄って来るだけで、距離を置いたままあきらめる固体ばかりだった。

ナイトゲームでは面白そうな感じがした。

今週末は今シーズン初の秋田運河でナイトゲーム、かなり期待はしているが・・・。
今週のチョイ投げ 6/8~10
今週も先週と変わらず澄み潮で、海草際が主なポイントとなった。

だだ、反応するルアーに変化が見られ、バイブレーションの中層早巻きに反応がよかった。

デイゲームでは40クラスを2バラシだったが、仕事途中の30分間のナイトゲームでなんとかキャッチした。

P6101599-320.jpg

3ヒット1キャッチ 40cm位
今週のチョイ投げ 6/1~5
今週の海は雨が少なかったので徐々に濁りがとれ、週末には海底の小石が見えるほどクリアーになった。

もちろんシーバスも丸見え、岸壁際や海草の際に張り付いていた。

このところベイトが居たり、居なかったりで安定しなかったのだが、5cmほどのアジが大量に入った。

アジは比較的大きく動き回らないので、シーバスの良いベイトになるはず、これで港湾部からシーバスが完全に抜けてしまうことはないだろう。

クリアーな海のシーバスはフラットな海底には着いておらず、海草やストラクチャーに付くのでポイント自体は絞りやすい。

数は少ないがまだ活性が高いので、近くを通せばバイトしてくるイージーなパターン。

40クラスのショートバイトや抜き上げバラシが多かったが、60クラスもちらほら入り徐々に良化している感じがした。

P6021591-320.jpg
60cm行ったと思いましたが57cm、ウエイトは1.4kgでしたが・・・。

4バラシ中1回即バレ、2回抜き上げバラシ、1回フック折れ←50クラスにアワセを入れたら根元から折れた。

新品ではなかったが、明らかに不良品だったのでこのメーカーのフックはもう使わない。

ランカーサイズだったら悔やみきれないので・・・。

5ヒット1キャッチ 57cm
米代川他 5/30 18:00~25:00
今回は久しぶりに監督さんとお友達のミッキーさんと3人で米代川に入ることに・・・。

米代川のポイントに到着すると東からの強風が吹いていて釣りづらそうだったので、最初にサーフに入ることにした。

数年ぶりのサーフはクリアーでベイトも見えない、強風を背負いながらキャストを開始。

水温は14度、思ったより低く、3人で1時間半ほどやってショートバイト1回のみだったので、横風をまともに受ける覚悟を決めて米代川に入った。

天気予報では日が落ちると風が弱まるはずだったが、相変わらずの強風を横から受けながら米代川にウェーディング。

水温は16度、風の影響でベイトの気配は感じられなかった。波立つ川面に『ボシュ』っと捕食音、しかもティップの真下・・・やる気50%→100%へ(笑)。強風にもめげずキャストを繰り返した。

そのやる気も強風+ノーバイトで徐々に無くなり、風裏の港湾部へ移動した。

ここはサイズは出ないがボーズなしのポイント、っと言っても2回だけだが・・・(笑)。

しばらくキャストするが、まさかの3人ノーヒット・・・。シーバスを求めてさらに港湾部を移動した。

この状況で自分なりに案内できる最後のポイント、『遠いところをせっかく来て頂いているのでこのままボーズで帰すわけには・・・。』という変な責任感の中(笑)、ランガンしながらポイントを探っていく。

とうとうノーヒットのまま本当に最後のポイントへ・・・、ここでようやく監督さんにヒット!

でも即バレ、サイズは良かったようだが・・・。

しばらくしてあきらめムードの中、監督さんに再びヒット!簡単に抜き上げてキャッチした。

サイズはともかく、厳しい状況の中ようやくキャッチできた1尾に個人的にとても満足し、帰宅時間を大幅に過ぎていたこともあり一足先にストップフィッシングとした。

0ヒット0キャッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。