シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツインパワーメンテ
1シーズン使用した08ツインパワーのメンテ、とりあえずばらしてみる。

ラインローラー部を分解してみたが、ゴミや塩の付着もなかったのでオイルをさして終わり。ドラグ内部もきれいなままだったので、特に手は付けなかった。

内部ギア周りを確認したかったので、本体のフタを開けるため本体ガードを外したいのだが、ビスが見当たらない・・・。

少しあおっても外れそうにないので、スプール側からばらしていく。

スプール軸のベアリングガイドが外れないので良く見ると、小さい6角が必要・・・。ホームセンターで購入して分解(0.9mm)。

そして、ここまで来て・・・

P1191358-1S.jpg
どうやってばらすの???

良くみると『本体フランジシール』が外れることが解った。

それから細いドライバーを差し込んでネジを回すと、『本体ガード』が外れた。
P1191356-2S.jpg
『素人はばらすんじゃね~よ!』と言いたいのだろうか・・・分解するにはかなり不親切な構造になっている。

P1191354-3S.jpg
『本体ガード』を外したところ。

P1191352-4S.jpg
内部構造で特に目立ったところは無いが、『スプール軸』と『マスターギア』の材質が旧バイオマスターやアルテグラとは違っていた。

P1191350-5S.jpg
『マスターギア』のグリスも丁寧に塗られている。

P1191349-6S.jpg
ここまでばらしてベアリングの滑らかさを確認、オイルをさして再組立てした。

画像は無いが、ハンドルにはベアリングが2個入っていた。

ここに金を使うより、マスターギアをステラと同じバリギアを使って欲しかったのだが・・・。

全体的にはばらすのに手間が掛り、気軽にメンテできる構造ではない。『本体ガード』位外から外せるようにしたほうが良かったのでは・・・。

不具合出るまで注油穴からオイルさす位にしておこう。

もう1シーズン位はノーメンテでいけそうな感じがした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。