シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男鹿 11/27 15:00~23:00
今シーズン最後の釣行、週末天気が悪そうなので急遽半日時間休をもらって出撃。10月に休みを取ってなかったので、会社も家庭も即許可が出た。

北風を避ける為、男鹿半島の南側を下見。場所によって水温が9度~12度と差が大きい、ベイトは見えなかったが、サビキおじさんがカタクチイワシをたくさん釣っていた。

ウェーディングしたかったので夕マズメからサーフに入った。初めてのポイントだったがベイトが居れば釣れそうな感じ。暗くなってきてもベイトの気配はなく、2時間やってノーバイトだったので移動。

近くの漁港、ここも水面にはベイトの気配はない。レンジを下げながら探るが、1時間ほどやってここもノーバイト。

本命のカタクチイワシが入っている漁港、予想外なことにサヨリが水面を跳ねている。

シーバスは落ちを直前に控えて食い気満々、この時期のサヨリパターンは爆釣か・・・と妄想(笑)。

しかし難しいサヨリパターンのようで、バイトが無いまま3時間・・・。

広い漁港内のあっちで「ボシュ!」、こっちで「バコン!」、サヨリはパッと散ったり、ピョンピョン跳ねたりしている。

レンジを下げてみたり、早く引いたり、遅く引いたりしてみたりしてもだめ。

考えられることはやりつくし、自分の知識ではこの状況で効果的なメソッドを見つけられないと結論づけた。

今晩のゲームの敗北を認め、考えることをやめて一番良いと思うルアーを残りの1時間キャストし続けることを決めた。

そして残り15分、新しいシーバスの群れが入ったようで急に水面が騒がしくなる。

そしてすぐに待望のバイト!

アワセと同時にエラアライをしてシーバスであることを確信。

待ちに待った至福の瞬間、そして今シーズンを締めくくるシーバスがヒットした。

バレない内にキャッチするため、強引に寄せてタモを伸ばす。

そして頭をリフトしながらタモの方へシーバスを引き寄せる、サイズは65位か・・・。

あと30cmというところで1回首フリ

「プツッ・・・」

もう少しというところでばれてしまいました(涙)。

少しキャストしたのち終了時間となり、今シーズンの釣行を終了した。

1ヒット0キャッチ
スポンサーサイト
釣行中止・・・
先週末の釣行予定日に午後から発熱してしまい、釣行中止となってしまいました。

今シーズンの釣行はラスト1回、今週末は風の弱い、暖かい日でありますように・・・。
チョイ投げ 11/17・18・21
今週月曜日にカタクチイワシの群れが入り、シーバスの活性は高まった。

イワシ付きのシーバスの捕食行動を初めて見たが、イワシの群れの下側を等速で泳ぎ、捕食の瞬間護岸際海面近くのイワシに急接近し、ボシュッっと吸い込む。

食えたのかどうか不明だが、イワシのウロコが水中にキラキラと光っていたところを見ると、確実に食っているのだろう。

そんな中、チェイスのみで終了。港湾部における護岸際+水面直下の有効性を改めて確認した。

次の日にはイワシもシーバスもどこかに行ってしまい、お祭りは終了。

週中には雪も降り始め、水温も急低下。

週末には8℃まで一気に水温が下がったので今週でチョイ投げ終了とした。

ナイトゲームはあと2回、今晩出撃するが厳しい釣りになりそうだ・・・。
某所 11/15 20:00~23:00
久しぶりのナイトゲーム、どこで釣れているのか、状況はどうなのか全く解らなかったが、80↑paradiseの監督さん、元GT-Rさんとご一緒させていただいたので、何も考えずに合流させてもらった。

時間がなく、ばたばたとタックルを積み込んで出たら、デジカメとメジャーを忘れた。

到着後、監督さんから状況を教えてもらうとすでにランカーキャッチ済み、周りでも釣れていて状況は良いようだった。

早速キャストを開始するが、月明かりと澄んだ潮、波も無い穏やかな海は最悪な条件と言っても良いかも知れない。

唯一、サヨリが居ると言うだけで捕食音も聞こえず、落ち前と言う季節的な条件に期待するしかなかった。

フルキャスト後に少し早巻きしてフローティングミノーを少し潜らせてから、スロー巻きに変化させてレンジを上げ、引き波を立たせると・・・

「ボシュッ!」

と出た、久々の釣りだったが体がスムーズに反応してファイト開始。

ウエイトがありそうな感じはしたが、しばらく釣ってないので自分の感覚を疑う・・・(笑)。

少々手こずりながらキャッチすると70cmは超えてそうな感じ、デジカメもメジャーもないので、監督さんに計測と写真をお願いした。

計測すると意外に大きく82cm 4.2kg、久々のシーバスは本当に久々のランカーだった。

20081115001.jpg
撮影:監督さん

リリース後、再キャストして5投目にまたヒット!

さっきほどのウエイト感は無い、難なくキャッチしてまたしても計測してもらうとこれも82cm、ただウエイトは3.8kgと少し落ちていた。

20081115002.jpg
撮影:監督さん

まもなく海側からの風が急に強くなり、釣りにくくなったのでポイント移動・・・するのに付いていった(笑)。

追い風のポイントに立ち、ルアーを気持ちよくキャスト。少々疲れ気味だったのでテトラに座り込んで何も考えずにキャストしていると、40mほど離れたところでバイト!

テトラ上で座ったままのけぞりながらの合わせ、この時タモを下のテトラに落とす(笑)。

遠くでエラ荒いした時に良いサイズを確信、長い距離を強引に寄せる。

近くまで来たのでようやく立ち上がり、最後の仕上げ。

突っ込まれては浮かせの繰り返しで弱ったところでタモを下のテトラから拾う。

タモを伸ばしてネットイン・・・と言うところで60cmのタモ枠が小さいことに気づく(笑)。

頭から入れるとフックがネットに引っかかりそうだったので、尾から入れることに・・・。

一度回してリフトアップ、頭を浮かせたときにエラ荒されうまくフックを外されてしまった。

数秒間海面に横たわっていたが、釣りではなくなるのでタモですくったりはしない(笑)。

サイズは80クラスか・・・。

まもなく終了時刻となり、一足先にストップフィッシング。ランカー2キャッチと今シーズン最高の釣行となった。

監督さん、元GT-Rさんありがとうございました。

3ヒット2キャッチ 82cm4.2kg、82cm3.8kg
チョイ投げ 11/11~14
3週間ぶりの海、シーバスがまだ残っているか不安だったが、2投目に60クラスのチェイス!

相当数のシーバスが残っているようで、その後もチェイスが続いた。

反応は最高レベルで良いのだが、30cm位まで近づくと全て反転。

30近く反転を食らったが、どうしてもバイトさせることが出来なかった。

色々試しているうちに、反応が良いルアーの傾向だけは解ったが・・・。

来週またがんばります。

明日は久しぶりのナイトゲーム、釣れてくれれば良いが・・・。
釣り再開!
学校も試験も無事終了し、残り少ないシーバスシーズンを楽しめることになりました。

3週連続ナイトゲームの許可も頂き、禁釣り期間のストレスを解消できそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。