シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋田運河 7/26 19:30~25:00
雄物川の増水+濁りがピークから落ちてきたタイミングで秋田運河に入った。濁りの程度は良かったが、それだけでは釣れないということを思い知らされる釣行となった。

今回は監督さん、元GT-Rさんとご一緒させていただいた。すでにキャストしている2人に続いて入水、私にとっては初めてのポイントだった。



ポイントA 19:30~22:00

夕マズメ、水面には木や草などがちらほら流れていて、ベイトの気配もわずかにあった。

初めてのポイントなのでゆっくりと状況を探りながら・・・ではなく、バイブレーションの早巻きで活性の高いシーバスを拾いにいく。このメソッドは回遊シーバスには効果はあるが居付きのシーバスはすぐにスレてしまうような気がするので、先行する元GT-Rさん、監督さんとは少し距離を置きながら進んでいった。

反応がないまま日没・・・、暗くなってからミノーでレンジ、動きを変えながら状況を探っていく。

監督さん、元GT-Rさんには反応があったようだが、私だけ反応が得られなかった。

3人ともノーキャッチでポイント移動。元GT-Rさんは他の釣友の方と別ポイントへ、監督さんと私は運河内で移動した。



ポイントB 22:30~25:00

ここも初めてのポイントだったので色々試すがやっぱり反応がない・・・。

しばらくしていつもの諦めモードになってしまい、ルアー交換もしなくなってくる。

ローリングベイトのみでレンジローテーションを繰り返していると「ゴツンッ」と明確なアタリ。

惰性でキャストしていたのでアワセが少し遅れたが、しっかり食ってくれたようでフックアップまで持ち込めた。

エラ荒いの後簡単に寄ってきたが、近くにきてから走りまくった。サイズの割りに良く引いてくれたので、楽しませてもらってからキャッチ。

P7261108-S.jpg
65cm

その後もキャストを続けたが、終了時間まで反応はなかった。

1ヒット1キャッチ 65cm



キャスト中に60cmほどのシーバスの死骸が流されてきた。

自然の中で死んでしまったのだったら仕方ないが、もし釣り上げられた時に内臓や背骨、体表などにダメージを受けて死んでしまったのだったら・・・。

自分を含めたアングラーのキャッチからリリースのスキルアップが必要なのかもしれない。

私がリリースしたシーバスは生きているのだろうか・・・。
スポンサーサイト
チョイ投げ 7/24・25
今週も港湾部。

モニターになっているオンスタックルデザインのアイテムをしばらくほっといたので、同社のマナティ縛りの釣行をした。

ベイトの種類も増えてきて、サヨリ、鰯、アジ、ウグイ等ベイトは豊富になってきた。特に鰯が入ってきたのが大きい。シーバスの活性を大きく左右するベイトだと思っているから。

早速マナティに70クラスがチェイス!蛇行しながら追いかけてくるがバイトはしなかった。興味はあるが見切られている感じがした。

その後至近距離でバイト!40クラスだがバイトするシーバスは躊躇なくアタックしてくる。ジグザグダートに器用にタイミングを合わせて食いついて来るのにはいつも感心してしまう。

これを難なくキャッチしたが、その後3バイトを乗せきれなかった。

シーバスの数は少ないが、活性は高い感じがした。ベイトが増えてきた分今後シーバスのストック量が増えていくと思うが・・・。

1ヒット1キャッチ 41cm
米代川 7/18 20:00~24:00
増水後に水位が下がった状況、増水前よりは水位は高かったがだいぶ落ち着いてきた米代川。

濁りも適度に入り状況は良いように見えた。

ただ米代川でのデーターがほとんどないので、あくまでも良く見えただけだが・・・(笑)。

ポイント1 20:00~22:00

岸際に小さなベイトは見えるが、シーバスの捕食対象となりそうなサイズは少ない感じ。

流れは強く、居ればバイトしそうな感じだったがノーバイト。

ポイント2 22:20~24:00

こちらも同じような感じだったが、ある程度の大きさのベイトの気配もあり、40cmクラスらしき捕食音もしていた。

小雨が降り、水面には霧が掛ってきて幻想的な景色の中、静かに時だけが過ぎていった・・・(笑)。

0ヒット0キャッチ
チョイ投げ 7/15~17
先週までのチョイ投げは米代川へウェーディングしていたがノーバイト。

今週は先週降った雨の影響が残っており川はかなりの濁りと増水の為、港湾部に場所を変えてみた。

いきなりヒット!
P7151098-S.jpg
42cm

その後60弱をヒット直後にバラシ。

そのすぐ後にヒット!
P7151101-S.jpg
61cm

その後もチェイス、バイトがあったがフックアップは出来なかった。

3ヒット2キャッチ 61,42cm


何気なく海を見ると60cm位のシーバスが泳いでいる
P7151100-S.jpg
・・・と思ったら雷魚でした(笑)。

増水で海まで流れてきてしまったと思われるが、数分後に海面に浮き上がり動けなくなってしまった。

タモで救出しようと思ったがタモが届かず、持ち運べる容器もなかったので断念した。

去年はブラックバスを同じように見たが、増水によって川の下流部の用水路などから淡水魚が流れてきている。(中流の淡水魚は流れの緩い所に避難している・・・?)

大型はもちろん小型の魚も海に流されて弱っているはず。

今回の港湾部の居付きと思われるシーバス(体色が黄色っぽかったというだけ)の活性が高かったのは、その弱ったベイトを待ち構えていたからではないか・・・。

増水の後は河口部が狙い目か・・・???

2日後・・・
P7171103-S.jpg



今晩は釣行許可が出ているのでナイトゲーム。

米代川でいい思いが出来ると信じているが・・・。
秋田運河 7/12 19:00~25:00
かなり釣れているらしい秋田運河、先日もいい釣りが出来たので期待していた。運河の達人である監督さんとご一緒させてもらったこともあり、安易に考えていたのだが・・・。

明るいうちにウェーディングすると大量の木や草が流れている。キャストの1/2はラインやルアーにゴミが絡んで満足に引くことが出来ない。

運河の流れの変化によって流れているゴミが近くなったり遠くなったりして、キャストの方向や距離が制限され、良い釣果が期待できないのはすぐに解った。

そんな中でも監督さんや他のアングラーはポツポツシーバスを掛けていく。

私にはバイトも無し・・・。

地合いが終わった頃、監督さんから昨日の状況を教えて頂いたときに、自分のパターンと違う攻め方をしていることが解った。

ゴミが少なくなってきたところで釣り再開、監督さんの運河パターンを試す。シーバスが少ないと思われたので反応が無くてもしつこく同パターンを繰り返していると「コツン!」と小さいアタリ。

何か掛ったがシーバスぽくない、難なく寄せると50cm位のウグイ・・・と思ったが、よく見るとシーバスだった(笑)。
P7121094-S.jpg
50cm

テールフック1本のチョン掛り、オーシャングリップで掴んだ直後に外れた。

その後は反応もなくゴミが大量に流れてきたため一旦上がり、単独で別ポイントへ向かった。

1時間限定で入ったポイントにもゴミが大量に流れており、何とか工夫してキャストし続けたが反応はなかった。

1ヒット1キャッチ 50cm
米代川 7/3 19:30~23:30
週末の予定が一杯なので平日釣行の許可が出た。

ポイント1

夕マズメのベストタイムに入ったがまったく反応なし。良いサイズの捕食音が1回したきりで、シーバスがほとんど居ない感じ。

2時間たった頃、突然のドシャ降りの雨になったのでポイント移動。

ポイント2

移動中に雨は上がったが、状況に変化があるかも・・・と期待したがこちらも反応無し。

時間キリギリまで粘ったがこちらもノーバイト。

少しまとまった雨が降らないと難しいような感じがした。

0ヒット0キャッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。