シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョイ投げ 5/26~30
今週の海はプールのようにクリアー。4mの深さの小石まではっきり見えた。

そんな状態なので回遊しているわずかなシーバスをリアクションで食わせようと、久々にワインドをやってみた。

これが当たり?でチェイスとバイトはたくさんあったが、まったくフックアップしない。

キレキレダートに複数のシーバスがチェイスし、数投ごとにバイトするのだがすべて「コンッ」アタリか即バレ・・・。

バイトの瞬間に口をあまり開けずに吸い込もうとするので、フックが口の中に入りきらないようだ。

ワインドはフロントのトレブルフック1本の勝負となるので、どうしても取れなかった。

悔しいので足元までしつこく追ってきた20~30cmのチビちゃんを釣る・・・というよりもアイスジグのようにルアーを動かしてシーバスを2本引っ掛けた(笑)。

P5290942.jpg
30cmもなかった(笑)

濁りがないので大半のシーバスはシェードに入っていて、50~60クラスが結構いた。

夜に捕食しているのだろうか・・・。

2ヒット2キャッチ 28、25cm

スポンサーサイト
港湾部 5/25 10:00~12:00
日中少し時間が出来たので2時間の釣行。超澄み潮の港湾部を広くランガンしてみた。

ここ数日ベイトの数が激減してしまった影響かチェイスもない。

ストラクチャー周りでようやくシーバスの姿を確認するが、あまりやる気がない様子。

少し濁りが入っているエリアに入ってすぐに60UPのチェイス!水面直下で反転される。

レンジが深そうだったのでバイブレーションをキャストすると、何度かチェイスがあったが深い所で反転されてしまった。

この日は残念ながらノーフィッシュ。ベイトとシーバスはどこに行ってしまったのだろうか・・・。

0ヒット0キャッチ
チョイ投げ 5/21
今日は雨の影響が出て濁りが入った。

30cmクラスがキャスト毎にチェイスしてくるが、なぜかバイトしない。

終わり間際にようやくバイト!

少し良いサイズがと思ったが、40クラスのスレ掛かりだった。

P5210940-S.jpg
44cm

1ヒット1キャッチ 44cm
チョイ投げ 5/20
雨にもめげずレインウェアーを着込んで短時間釣行。

今日はエリアのプレッシャーが強く、だめかな~と思いましたが、1本出てくれました。

P5200939-S.jpg
40cm位

1ヒット1キャッチ 40cm位
チョイ投げ 5/19
いつものエリアでチョイ投げ。

澄み潮の中、1投目から40クラスのチェイス。その後も食い気のあるチェイスが繰り返された。

付いているエリアは5~10m離れた場所、そこからルアーの後ろにスッと入り、水面直下まで付いてくる。

足元まで2尾付いてきたので、水面直下で横の動きを加えると「ガボッ!」と出た・・・が、フックアップせず。

私の大好きな至近距離のテクニカルゲーム、足元まで付いてきたシーバスにいかにして食わせるか・・・、めったにない至福の時間となった。

シーバスの活性は高く、さらに狭いエリアにものすごい数が入っていると思われ、スレずにチェイスを繰り返してくる。

最初に連続トゥイッチ&ジャークパターン・・・チェイスがない。

手前5mでルアーへ上昇軌道をさせるパーターン・・・いきなり食った!

200805191.jpg
40cmキャッチ!(ピンボケ)

急な上昇時に反転されるので、足元の護岸の壁までナチュラルに上昇させて、横移動を加えるパターン。

横移動させる前に足元で食った!

200805192.jpg
デブッチョ60cm 2kg(ピンボケ)

ナチュラル上昇がはまりパターンのようだった。

そのうち40cmのシーバス食っちゃうんじゃないかと思われるような、ビックシーバスもチェイスし始め、ついにひったくられるような強烈なバイト!手首捻挫しそうになる(笑)。

久々のランカーを思わせる引き、ライン出されっぱなしでその大きさが感じられる。

今回のロッドはデスペラードだったが、「やっぱりモアザンのほうがやり取りしやすいな~。」とか「このリールもだいぶヘタってきてるな~。」とか普段感じることの出来ないタックル性能のことを考えていたら、魚を見る前にばらしてしまった(笑)。

予定時間を少しオーバーしてしまったので、後髪をひかれつつ終了とした。明日も群れが残っているといいが・・・。

3ヒット2キャッチ 60,40cm
秋田運河 5/17 19:30~24:00
今シーズン初のナイトゲーム。

海は澄み潮で厳しいと予想されたので、多少でも濁りが入っていると思われる運河に入ってみた。

濁りは思った以上に入っていて、水温も18度。

「爆っちゃうかも・・・・(ニヤリ)」と妄想する自分がいた。

過去の経験から釣れそうな雰囲気ではあったが、反応がない・・・。

大きな群れの回遊を信じ、いろいろ試してみたがやっぱり反応がない・・・。

「1発ランカー」の淡い期待もしたが、最後まで何の反応もなく終了時間となった・・・(笑)。

0ヒット0キャッチ
チョイ投げ2回目 5/1
暖かかったので近所でチョイ投げ。

澄み潮で底まで丸見え・・・釣れる気がしないがとりあえずキャスト。

数投後に40cmクラスのチェイス!ピックアップ寸前で反転していった。

「居た~!」ということでやる気120%(笑)。

その後もチェイスがあり、初キャッチも時間の問題となった。

そしてついにチェイスしていた2尾のシーバスの内、片方がコツンとバイト!

バランスを崩したルアーにもう片方がバイト&フッキング!

久々のぎこちないアワセのせいですぐにばれる。

すぐにピックアップして同じラインを少しスローに引くと、同じ場所で上昇反転バイト!

今度は体が即反応してしっかりアワセて難なく初物をキャッチ!。

P5010919-S.jpg


もう1尾と思ってその周辺を探るが反応はなかった。

地形に関係なく群れで移動して捕食しているのだと思う。

とりあえずたくさんのシーバスが入ってきているのを確認できたので、

シーズン初期の数釣りが楽しめそうだ。

2ヒット1キャッチ 40cm位
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。