シーバスゲーム
自分なりに考えてやってますが、真実かどうかは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米代川、他 7/21 22:00~25:30
今回は先に米代川に入っている監督さん、元GT-Rさんとご一緒させていただいた。

状況を聞くとあまり良く無いようなので、大きくポイントを移動し、3人並んでキャストした。

しばらくしてもアタリがないので、すこし移動してみたが状況は同じ。プールのようにクリアーな水質ではナイトゲームとはいえ厳しいのかも知れない。

河川は期待薄のようなので、港湾部へ移動。3人で小場所を交互に攻めていくと、元GT-Rさんにガボッと出た。活性が高いシーバスが居るのが解ったので、その場でキャストを繰り返すと、私のルアーにバイト!でもすぐバレた。その次のキャストで同じ場所でバイト!今度はうまくフックアップ。タモ入れをお願いし、楽々キャッチすることができた。

P72903711.jpg
55cm

この時のヒットルアーのバーブを潰していなかった。リアフックが目の近くに刺さっており、傷を大きくしてしまった。やはりバーブはしっかり潰しておかなければならない。

その後も少し移動したが反応が得られず、私は帰宅時間となり一足先に終了とした。

2ヒット1キャッチ 55cm
スポンサーサイト
今週の釣果 7/23~27
今週も港湾部。

日によって当りはずれはあるが、何度かバイトが出た。ワインドやジャークベイトでのダートにのみ反応があり、サイズもいいものばかりだった。

出れば結構な確率でバイトしていたのでシーバスの反応はよかったが、バイトしてすぐに反転せず、その場に留まって首を振るのでフッキングが難しい。

ジャークとジャークの間にズバンとバイトしても、テンションを抜いているためすぐにルアーを振り払ってしまう。

反転喰いしてくれると結構掛るんですけどね~。

「出た~~~」とか喜んで合わせを忘れているアングラーが一番悪いのだが・・・(笑)。

ずーっとジャークしていると合わせのタイミングが極端に遅くなるのは私だけか???。筋肉がいうことをきかなくなってしまいます。

・・・ということで、今週は4バイト頂きましたが0ヒットでした。

0ヒット0キャッチ
今週の釣果7/17~20
今週も港湾部でのチョイ投げ。

先週に引き続き至近距離での反転があったため、ショートキャストを繰り返すとモソッとしたバイトでヒット。久々にドラグをならすサイズが掛った。引き味を十分に楽しんで65cmをキャッチ。

別の日、活性が低そうだったのでワインド、45cmをキャッチした。
P7190369.jpg


ランカー岩周辺にシーバスが着き始め、例年通りビッグシーバスが休んでいた。これも例年通りのことだがルアーには無反応だった(笑)。

2ヒット2キャッチ 65,45cm
今週の釣果 7/9~11
今週は港湾部でのチョイ投げ。

ストラクチャーではチェイスが何度かあったがノーバイト。そこで気がついたのがシーバスの活性について。

単独、もしくは群れの場合でも、活性が高いものと低いものが同じエリアに存在すると言うこと。

活性が高い場合、ルアーが近づくとすぐに反応するし、接近速度も速く、反応するエリアが広いようだ。

活性が低い場合、目の前をルアーが通過しても完全に無視する。

この高活性、低活性のシーバス(50cm位の同サイズ)が、5mほどの距離にいた。

地形、流れも同じ場所なので、空腹なのか性質の違いなのか・・・。

答えは出ないが今後の為に書いておこう。


今週はルアーを見切られてる感じがしたので、早引き&トゥイッチを試す。

数投で60クラスがチェイス。

それでもまだ見切られてるかんじだったので、ワインドに変更。

ビシビシしゃくっていると70クラスが出た!

・・・がバイトのみでフックアップせず。

久々のデカシーバスの至近バイトで自分の活性が上がった(笑)。

「今日はワインドでしょ」と気合を入れてしゃくるとまたバイト!同クラスがやはりバイトまで、残念ながらフックには乗らなかった。

最近小さいのばかりだったので、バイトだけでもとても楽しかった。

0ヒット0キャッチ
米代川、他 7/7 19:30~23:30
前回の米代川釣行で大型の捕食音がしていたポイントに入った。濁りはちょうどいい感じで、水温は若干下がり気味。かなりの期待を持ってキャストを開始した。

暗くなり始めた頃に捕食音がし始めた。ただ前回のような大型のものではなく、頻度も少なかった。

完全に暗くなると捕食音もしなくなり静かな時間が過ぎて行った。

開始から3時間・・・ノーバイトでポイント移動。

別の場所で1時間ほどキャストして、30cm位のをキャッチするのがやっとだった。

19.7.7.jpg


1ヒット1キャッチ30位
秋田運河 6/30 18:00~24:30
河川は濁りと水温低下がひどく厳しい状況のようだった。

秋田運河は濁りが思ったほどきつくなく、水温もそれほど低下していないようで、ベストコンディションのように見えた。

というか先釣者がグッドサイズをキャッチしていた。

少々お話を聞かせもらい、その後離れた所に入水させてもらった。

キャストしていると、他のアングラーがポンポンシーバスを掛けていく。自分はノーバイト・・・。使用ルアーやアプローチが違うことは解っていたが、自分のスタイルでキャストを繰り返す。

・・・その結果。

自分・・・35cm位1キャッチと50クラスのバラシと60クラスのバラシのみ。

他のアングラー・・・みなさん50~70台を複数キャッチ。



「シーバス釣るのほんとに下手だな・・・自分」



秋田運河、シーバスをナメテマシタ・・・



本当にゴメンナサイ・・・

今度はちゃんとしますから、よろしくね!(笑)。

3ヒット1キャッチ 35位
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。